男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ


王子様と灰色の日々(1)


酒飲みの父、貧しい家。不幸を仕方ないとあきらめ過ごす高校生の敦子は、ある日、自分とは正反対の世界に住む大金持ちの男子高校生・至・遼・信也と出会ったことで運命が反転。敦子が自分に瓜二つなことに気づいた、乃木グループの跡取り息子・至によって、至の身代わりに仕立てられてしまう。疾走した至の代わりに「王子」となった敦子が、「宮殿」の中で得たもの、そして失ったものとは……? 人気急上昇の作家・山中ヒコが描く、切なくも美しい純愛ストーリー!




BLじゃないのかー、と放っておいたのですが、
読んでみたら、とってもよかった。
もう感動。


乃木グループの跡取り息子の至が失踪して、主人公の
女子高校生、敦子がその身代わりになるのですが、
至の失踪した理由というのが、女装して自由に生きたかったから、
というもの。


至を探しにいった家来みたいな信也と至の関係が、たぶんBL。
至は女装はしたいけど、女になりたいわけじゃない、「女装子」
らしいので、うん、これはたぶん…BL…??
難しいわ…セクシャリティーの問題って。


最近、『性別が、ない!』っていう半陰陽
(インターセックス、男女の区別が解剖学的に明確でないものの総称)の人が
描いた漫画を読んでるんだけど、ほんと、このへん、難しい。
この漫画は好き勝手にいきててすごくおもしろいんだけど。


話を戻して。
『王子様と~』の主人公敦子を、至に仕立て上げるために
ビシバシしごく、至の異母兄、遼がとてもかっこよいです。


がんばる敦子に、だんだんほだされていく遼。
その遼は、自分の居場所がないと思ったままになっていて、
誰からも大事にされずに育っている敦子の寂しい気持ちと、
遼の悲しみが、切なくてたまりません。


泣ける。


至が遼のことを、

あいつは昔から
誰かに
優しくしたくて仕方が無い奴だったんだから
誰かに
優しくされたくて仕方が無い奴だったんだから



と表現するんだけど、二人が、優しくできる相手、
優しくしてくれる相手を見つけてとてもよかった。
ほんとに、よかった。
きっといい家庭を築くよ。
赤ちゃんが生まれたらきっとかわいがるよ。
涙。


よいお話でした。


至の女装と信也との関係がその後どうなったかが
気になるところではありますが、
4冊で完結です。



関連記事
2013/10/18 21:47 BLコミック 山中ヒコ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huuu.blog6.fc2.com/tb.php/828-d3866f6a
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ