男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
今日もクリスマスアドベント企画におつきあいいただき、
ありがとうございます☆


さて、6日目は、シリーズものです。
面白ければ2冊目、3冊目を出してもらえる、ということは
ある程度続いたものはおもしろいということ。


そんな中でもおすすめをあげたいと思います。



【40(シリーズもの編)】


榎田尤利『交渉人は黙らない』


榎田さんのはどれも安定感のあるお話ですが、
これは本当におもしろいです。
過去に傷を持つからこそまわりを大事にする芽吹と、
かつての後輩で今はヤクザの兵頭のお話。

だんだん深くなっていく二人の関係が、
たまりません。
自立心の強い芽吹が、その強さは失わないまま
兵頭の存在をどんどん大事におもってくる様子が
とっても、いいです。



【41(シリーズもの編)】



夜光花『薔薇の刻印』

これ、舞台は日本だったりヨーロッパだったりするのですが、
主人公は薔薇の刻印を持つ騎士で、彼を襲うゾンビみたいな
不死者が出てきたりするファンタジーです。


1巻目は世界観を理解するのに時間がかかりました。
2巻目からあらあら、どっちとくっつくの?となり、
3巻目からはもう夢中。


何がいいって、この薔薇騎士(ローズナイト)である啓と、守護者(ガーディアン)
であるレヴィンとラウルの三角関係です。
薔薇騎士と守護者はどうしても惹かれあう関係なのですが、
とある事情で守護者が二人いたものだから、啓は二人から一人を
選べないので、結局三人で…!!!!


という手に汗を握る展開です。
三人の関係だけでなく、啓の亡くなった両親の秘密も、
大変気になるところです。
今は4冊でていますが、クリスマスイブに新刊がでる予定です♪


あと、夜光さんのシリーズものといえば、凍る月シリーズも
おもしろくっておすすめです。



【42(シリーズもの編)】



烏城あきら『許可証をください! 1』


これは「働く男」シリーズとかにしたいくらい、
仕事がメインになったお話です。
二人は今後の会社を引っ張る人材として期待されていて、
お互いの存在がなくてはならないものになって、体の関係まで…。


もう仕事はいいから、もっと仲を進展させようよ!
と微妙に思わないこともないけど、ちゃんと毎回してくれてるし(そこか?)、
なかなかにおもしろいお話です。



【43(シリーズもの編)】



松岡なつき『FLESH & BLOOD〈1〉』


ちょっと前に『フレブラ』という語をツイッターで見て、
何かわからなくて質問したら、これでした。
あ、確かに、それだと呼びやすい!!


これは現代のイギリスに住んでいた日本人の男の子が、
微妙にパラレルワールドになっている大航海時代に
タイムスリップして、そこで海賊と恋に落ちるお話です。


「無敵艦隊!歴史で習ったな、そういえば!」みたいな感じで、
つい歴史をくわしく知りたくなってしまうほど。


時代の壁に阻まれ、両思いになっても、なかなか
二人が結ばれず…!!
いやもう、お話は毎回手に汗握る展開で、次から次に読んじゃう
のですけど、「まだなの?まだなの?」なんて私はよく思っています。
あとがきで、「セイルホー!」なんてお別れの挨拶をされた日には、
「セイルホーとかいってないで、やらせてよ!!」と思っています。


ゴメンなさい。批判しているわけではないので怒らないでください。
そんなことをいいながらこれは本当におもしろいので、
おすすめなのでございます。
長い上に完結していないけど。
今18巻まで出ていて、先日「外伝」が出たばかりです。




【44(シリーズもの編)】



鳩かなこ『帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても 』



「大正浪漫」という言葉がぴったりです。シリーズは5冊あるのですが、
スピンオフで主人公カプが変わっていくので(友人だったり兄弟だったり)。
ともかくたいへん、しっとり、雰囲気のあるお話です。
耽美というわけではないのですが。


この帝都万華鏡シリーズのほかに、
『東景白波夜話』シリーズがあり、こちらも舞台は大正。
こっちもおもしろいです。



【45(シリーズもの編)】



渡瀬悠宇『櫻狩り 上』


上・中・下の3冊です。
これはとっても重いです。これも大正時代が舞台なのですが、
上の鳩かなこさんのとちがって、大変、重い。暗いし。
二人の関係だけでなくって、もうこの家がドロドロしていて、
…つい、先へ先へ読んでしまいます。


正直、すごく疲れるので、
読み返したのは1回だけ。でもお勧めとしてははずせないかなと思って
入れました。
ただ、最後は読者にゆだねられていて、とはいえハッピーエンドでは
ない終わり方なので、好き嫌いは別れるかも…。



【46(シリーズもの編)】



加藤知子『天上の愛 地上の恋』


舞台は19世紀後半のオーストリア。
皇太子ルドルフと、小さいころから一緒にすごしてきたアルフレート。
ルドルフは実在の人物で、心中したともあれは暗殺だったとも
伝えられているのですが、実は…、という話。


けっこう重いのですが、ルドルフとアルフレートの関係が気になって、
思わず歴史の本まで読もうという気にさせられること請け合い。
ハプスブルグ関係の本をよく借りたな…(でも、全部忘れた)。


11冊+特別編の12冊です。



【47(シリーズもの編)】

志水ゆき『是 〈1〉』




いわずとしれた、大人気の超有名作。
これ、カップルがいくつも出てくるので、どこかしら
ヒットすると思うのです。
さすが、読者を大切にする志水さんだけあって、
サービスが半端ない。


言霊で人を殺せる三刀家の面々とその神様たちがカップルになる
特殊設定ですが、すんなり入っていけます。


ちなみに、私が好きなのは、守夜×隆成です。リバでもいいくらい!
とかいう話を誰かとしちゃいたくなること請け合い。


ついでに、『是 ファンブック』は、いろんな作家さんが是のキャラで
漫画やら小説やら書いているのですが、木原さんも書いていて、
あの短い話で、泣きたくなるすばらしさでした。
しかも、名前が、最後まで出てこないので、だれだろう、って
想像しながら読んで、最後に、「ああ!」と。すばらしかった。




【48(シリーズもの編)】



寿たらこ『SEX PISTOLS 〈1〉』


寿たらこさんの、超有名作。
これも、特殊設定で、人間世界にいる、動物の魂を持った
『斑類』(まだらるい)たちの恋、という、
読まないとわけのわからないお話です。


でもかわいくて、緊張してねこ(みたいの)に変身しちゃったり、
なんだかかわいくて。
読み出すととまらなくなるお話です。


今6巻まで出ています。
最初はコメディ色が強かったけど、だんだんシリアスになってきていて、
今後の展開が微妙に読めなくて、続きが気になるお話です。






以上、シリーズものでした☆
ってか、シリーズものって区分けも微妙でした。
歴史ものにして、それ以外を別に振り分けるべきだったかと
思ったり。
シリーズだから読みたいと思うより、切ないから読みたいとか、
そういうことですもんねえ…。
(で、今後別ジャンルに、シリーズものでてくる予定でもあり…)


ま、よしとしてください!
とりあえず100本ノックまで…、やっと半分(近く!)






関連記事
2011/12/18 23:09 コレ読んで☆100選 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huuu.blog6.fc2.com/tb.php/643-6f4878e8
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ