男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
もうすぐクリスマスですね。
我が家はアドベントカレンダーを毎年用意していたのですが、
今年は用意しわすれました。


なので、ブログでクリスマスまでのカウントダウン企画をやることにしました。



題して、『BL読むならコレ読んで!☆100選』。



BLをまだ読んだことのない人に対して、
段階を追ってBLを紹介しようと思ったときに、
私ならコレをすすめる!というものを、100冊、選んでみます。


とりあえず、クリスマスまで、続けます。
1日5~10冊程度ずつかな~。
シリーズものは、1冊目だけをあげることにします。
どうぞ、よろしくお願いします♪



さて、では第1日目は、『見抜き編』。
どういうことかといいますと、「この人、微妙ににおいそうだわ、
BL好きになりそうだわ。でもしょっぱなから激しいのを貸すと、
引かれそうだし、何より私をヘンタイだと認識しちゃうかも!」というおそれがあるときに貸す本。
その人の資質を、見抜くための本です。


早速行きましょう♪
※あとから、「これを~編にいれるべきだったあああ!」と気づいて
書き直すことがありますので、ご了承ください。



【1(見抜き編)】


高村薫『レディ・ジョーカー 上』

しょっぱなから重い本を出してしまった…!!
つい。でも、読み出せばすぐ引き込まれます(が重くてなかなか読み返す気が起きないという…)。
しかし、高村先生の描く男性はなぜにこうも格好よいのか。
しかも男同士で思い入れが強いのか。


高村薫は男性にも人気ありますよね。
まだ独身だったとき、会社のえらいほうのおじさんが私が高村薫が
好きだといったらすごく食ついて来て、
「もしかして実は、○○なのかしら…」と思った覚えがあります。


なんで男性に人気あるの?
やっぱりみんな、潜在○○??


「レディ・ジョーカー ホモ」で検索したら、
高村薫「レディ・ジョーカー」腐実況」がひっかかった!!
リンク先、どうぞ。ぷぷ。



【2(見抜き編)】



あさのあつこ『バッテリー 1』

あまり重い本は苦手…、な方には児童文学で肩慣らしをしたらいかがでしょうか。
この『バッテリー』は、6巻までと、スピンオフ的な番外編があります。


都会から田舎に引っ越してきた、
ピッチングの腕は天才級の主人公、巧のとがったもろさみたいのを、
キャッチャーの豪がおおらかに包み、二人で成長していく、みたいな。
あさのさんのお話はけっこう怪しいまでに仲のよい男子二人が
でてくるんだけど(『The MANZAI』とか、『NO.6』とか)、その最初がこれ、なのです。



【3(見抜き編)】



木村裕一『あらしのよるに』

ひょんなきっかけでともだちになってしまったオオカミのガブとひつじのメイ。
友達なのに、おいしく見えちゃう、いけない、友達のことをこんな目でみては!
という葛藤が…、たまりませんね。


児童文学どころか、絵本です。
子どもにかこつけて借りてた腐った母です。


でも、ママ友だったら、まずは「こういう絵本があるの。おもしろいよ。フフ」
なーんて、貸すのもいいかもしれませんね☆



【4(見抜き編)】



杉本苑子『華の碑文』

これは、能を作った世阿弥の生涯を、弟の視点で書いたもの。
基本は、いかにその道を極めるかというところなんだけど、
昔は芸能者ってパトロンがいて、庇護されてる中には肉体関係も
あり、それがにおわされている、という。


これはすばらしいです。
芸を極めるって、大変なコトなんだ!っていうか、
世阿弥のまっすぐ芸を求める姿に心打たれるというか、
本人はつらいだろうなというか、でもだからこそ、今でも続く
ものになっているんだろうな、と納得できるのです。
(とかいって、能を見たこと、ないんですケド!教養がなくてお恥ずかしい)


同じ作者の杉本苑子『傾く滝』もおすすめです。



【5(見抜き編)】



萩尾望都『ポーの一族』

いわずと知れた、萩尾先生の名作です。
バンパイアのエドガーとアランの関係がとってもよい。
BLというわけではないのだけど、二人にとってお互いが
不可欠で、というのがよーく伝わってきます。


どうなんだろ?
BLって範疇に入れるべきなんでしょうかね。
もしかして…。



【6(見抜き編)】



藤たまき『青空の卵(原作:坂木司)』


原作の小説を読んだときから「におう、におうよ~」と思っていました。
主人公が小学校時代からの親友(一人暮らしで基本ひきこもり)の
唯一の窓口になって依存されているような状態なんだけど、実はその主人公の
ほうが友人に依存しているんじゃないか、という…。


ライトミステリで、私は内容はどうでもよかった(ごめんなさい!)。
二人の関係ばかりに目がいってました。
でもきっとふつうの人はミステリ部分も楽しめると思います☆


原作は『青空の卵』『仔羊の巣』『動物園の鳥』の3部作。


ですが、このマンガがいいのです!
マンガ化されると、「なんか印象が違う!」と思うことが多いですが、
これはそのままというか、むしろ、小説よりよいかも、というくらい!


藤さんの絵が、すてきなのです。
原作を読んでいたときは和室で想像してた親友の部屋が洋室になっていたら、
今ではそれでしか考えられない、という。


繊細な絵柄もとってもいいな、と。
これを気に入ってもらえれば、藤さんのBL、すすめやすく
なりますしね。



【7(見抜き編)】



今市子『大人の問題』


とうとうBLレーベルがキタアアア!!
…というほどのことでもないですね。
すみません。


これを、「見抜く」にとりあげたのは、
主人公がノンケだから。
主人公の父親が、男の恋人を作って、主人公が翻弄されながら
理解していく…というのが筋道なので、
一歩引いたところからホモを眺められるんです。




ふう。
1日目から、たった7冊で疲れてしまいました。
でもがんばるぞ!
まだ山は1合目も登ってない…感じでございますわね。


みなさま、しばし、クリスマスまでお付き合いください☆





☆☆拍手御礼☆☆
>すももさん、

『愛すること』、今電子書籍になっていますよ!
クレジットカードの入力に抵抗があるならだめ
かもですが、そうでなければ、ぜひ。
ラブラブで、よいですよ~☆
愛すること

コメント、ありがとうございました!






関連記事
2011/12/13 22:16 コレ読んで☆100選 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huuu.blog6.fc2.com/tb.php/637-e386c130
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ