男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
これまたお借りして読んだ本。
ドッロドロだよー、という前知識を持っていたのですが、確かに、ドッロドロ~。

間の楔1



歓楽都市ミダスの郊外、特別自治区ケレス―通称スラムで不良グラープの頭を仕切るリキは、夜の街でカモを物色中、手痛いミスで捕まってしまう。捕らえたのは、中央都市タナグラを統べる究極のエリート人工体・金髪のイアソンだった。特権階級の頂点に立つブロンディーと、スラムの雑種―本来決して交わらないはずの二人の邂逅が、執着に歪んだ愛と宿業の輪廻を紡ぎはじめる…。



1~6巻で完結です。
こちら6巻の表紙。あら、ずいぶんラブラブねー、いいじゃなーい、と思って読み進めて…ぶちのめされました。

間の楔6



失踪したリキは、特権階級が住むエリアにいるらしい!?居場所を突き止めたガイは、リキのパトロンがイアソンと知って驚愕!!けれど、イアソンに「これはわたしのペットだ」と所有権を見せつけるように、目の前でリキを嬲られてしまう。嫉妬に眩むガイは、リキを拉致し、イアソンとの全面対決に挑むが…!?主人とペット―その歪んだ絆で繋がれた究極の執着愛、ついに感動と衝撃の最終巻。


今回、新装版が発売されていたのですが、古い版の1巻は1990年に出版されています。
昔、ちょっと読んだことがあります。
でもほとんど記憶に残ってない。なんかエロかった記憶があるのだけど、新装版になっても買う気が起きなかった。それはなぜか。きっと香りがしたからです。JUNEの香りが。


JUNE。
それはBLなんて言葉がなかった時代。
耽美小説とか呼ばれていた時代。

どうもねー、悲恋ものが多かったのですよ!
薔薇のお風呂の中で自殺するとか!

雰囲気は美しいのです。そして出てくる人も美しい。
でも、なんか死ぬのです。片方か、両方か。とにかく、悲恋なの。


今回の、『間の楔』、ほんと途中までは、世界に入るのが大変でした。
攻めが人工体(といっても、ふつうに人間に見える)の金髪美形イアソンで、受けがスラムの雑種・リキ(たぶん、これを読んで犬を拾ったらリキとつけてしまうな)。
リキはスラムで有名なバイソンというグループのリーダーだったのですが、とあるきっかけでイアソンと知り合い、イアソンにペットとして、躾けられちゃっていくのです。
その後、一度スラムに戻ってくるけれど、それはイアソンからしたら、息抜きさせてやっただけ。リキを取り戻すため、スラムの仲間たちの前で、リキがペットである証を見せ付けたりもするのです。
それが許せなかった仲間の一人、過去のリキのパートナーのガイが、リキを誘拐して、イアソンを呼び出し…。で、最後、どう決着がつくと思います?? 完全にネタバレしますので反転します。


ガイはリキのぺニ○を切り落とす! ひい!
そこに、イアソンがはめたペットリングがあったから。何をしてもはずせないからって、発想を転換して、切り落とす! ひい!
ソレを失くして生きていくことになるリキがかわいそう…でもきっとイアソンはソレがなくったって優しくしてくれるよ、と思っていたら、イアソンとリキは死んでしまった!! ひょえーーー!!





あとがきに、「BLじゃなくて、JUNEです」って書かれていました。
吉原さんの定義は、「自分の萌えを追求して好きに書ける」ってことみたい。
今、BLだったら、この結末は編集さんからストップかけられるのかもしれないなあ、って思いました。
(いや、これほどの大家なら、好きなように書けるんじゃないの?とも思うのだけど)


んー、やっぱり、未来がみえるほうがいい。
そのほうがいろいろ妄想が広がる、って思ってしまいます。
でもでも、さすが人気作だけあっておもしろくって、一気読み!でした。
関連記事
2011/01/26 16:45 BL小説 吉原理恵子 TB(0) CM(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/26 10:48   [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>コメントくださった方、


いつもコメント、ありがとうございます☆


> 満天星や臆病者の嘘とかも割と面白かった。
> ファーストラブとか。
そうですよねー。割とよかった。でもスーってそれで終わってたのですが、『MOON DIVE』は、なんかひっかかりが多くって、一番印象に残りました。

もし人気作だったのなら、同居しているもう一人の人魚の息子を主人公にしたスピンオフでも出てそうじゃないですか?それがないってことは人気はいまいちだったのですかね…。
でもアマゾンの星1つは営業妨害な気もします…(-_-;)

> 箱の中でもそうですけど 伴侶をなくすって
> 考えられないくらい辛いと思うのです。
そうですよね!
すっごくつらいですよね。だって戻ってこないのですもの。

> 加納邑の虎シリーズは笑って安心して読めますv-290「皇帝は愛妃を娶る」を読んだところです。
> 甲山蓮子の「月下の妖狼」面白かったです。
どの方も読んだことないです。
人外…?
BLも探ってない箇所がたくさんあるんですよねー。
まだまだがんばらねば(笑)!
2011/01/26 11:51 ふうう URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/26 16:16   [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>コメントくださった方、

人外の意味、わかってたのですが、今自分のコメ見返してみても、意味がわかってない感じですね。
「ほほーう、人外がお好きなのですね…?」的な気分で書いてたのですが、通じるわけがない!
失礼しました。

> 木原さんも吸血鬼ありましたよね。
> 途中までしか読んでないのですが。

木原さんの吸血鬼、最新刊がずっと延期になっていて…>_<
3月頭にほんとにでるといいですが…。

私、美少年も好きですが、それよりも、デブだったりちょっとブサイクだったり、ちょっと一癖あったりするのに愛される、ってのが好きです。
木原さんのはそういうのが多いのかもです。

では♪
2011/01/27 14:51 ふうう URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huuu.blog6.fc2.com/tb.php/469-95bdaf8f
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ