男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
オオカミとヤギの友情物語。
まじめに考えてみれば、異なる文化や異なる宗教、異なる国籍など、異なるバックグラウンドを持つ2人が出会っても、友達になるにはいくつかの共通点があればいいんだな、ということを表しているとも考えられます。
お話が何を表していると感じるかは、読む人の心次第…。

さて、昨日の続きです。
嵐の夜に出会った2匹、お日様の下で互いを見て、どんな反応をするのでしょうか…?

あるはれたひに』木村裕一
あらしのよるにしりあった、ヤギとオオカミ。つぎのひに、おたがいのすがたをみた2ひきは……?
だーいすきなごちそうと、おともだちになっちゃったら、どうする?ふたりっきりでいるときに、どんどんおなかがすいてきて、おいしそうなにおいがはなをかすめたら……?

お話は、2匹が仲良く話をしているところから始まります。
それは例えばこんな感じ。

「わたし、ずっと
オオカミは おそろしい どうぶつだと
おもってました。その オオカミと いっしょに
おひるごはんを たべる やくそくを したなんて、
いまでもしんじられませんよ」

「おいらだって そうっすよ。
おひるごはんと いっしょに
おひるごはんを
たべるようなもんすから。
あ、こりゃ しつれい」


でも小屋の前で出会ったときにヤギのことを食べなかったオオカミのことを、そして、「なにより ゆうじょうを たいせつに してるんす」と言うオオカミのことをヤギは信用します。

さて、2匹はお弁当を持って、岩山を登っていきます。
ところが、オオカミは途中でお弁当を崖の下に落としてしまうのです。「なんでオオカミがお弁当を持ってるのさ~」なんてツッコミはこの際なしで。

オオカミが張る虚勢がかわいいです。心配するヤギに、
「二~三にち くわなくたって へっちゃらで やんすから」と言います。
本当はものすごく大食いなのに。もうすでに、おなかがすいているのに。

お弁当はヤギの肉だったりして、とからかうヤギに対しては、
「おいら、ほんとうに やぎの にくだけは だいっきらいなんす」と言います。
本当は大好物なのに。
それもこれもヤギに好かれたいがため。なんてかわいいオオカミでしょう。

とはいえ、ここまでの関係で、リスクを冒しているのはヤギのみなんですよね。
オオカミの一存で命の有無が決まるのですから。
「そんなに信用しちゃっていいの? ヤツはあなたのカラダを狙っているんだよ?」と読者をハラハラさせてくれます。

そんな読者の期待にこたえるように、オオカミは2度ほど、ヤギのことを「くっちゃいたい」と思います。
並んで歩けない狭い岩山の1本道で、ヤギが先に行ったとき。オオカミが顔をあげると、そこにはヤギのおしりがあるのです。それも岩を登るたびに、ふりふりと、動くのです!

やわらかそうな しっぽが、まるで オオカミを さそうように ゆれている。
『あ…、うまそう…。』

誘ってないから…!

それから、お昼を食べてヤギが昼寝をしているとき。
かたっぽのみみくらいならかじっても許してくれるかな、とオオカミはヤギの耳に口を近づけます。でも、痛いだろうな、そしてなにより嫌われちゃうだろうなと思うとかじれずに(このへんが愛)、ため息を吹きかけちゃうのです。
そうすると、ヤギが起きて、自分はくすぐったがりやで耳は特にダメだと自分の弱点を教えるのです。

耳が弱いだなんて、なんてヤラシイことを…!

ヤギの信頼をうらぎってはいけない、とオオカミは葛藤します。

「友情だと思っているけど、本当はやっちゃいたいんだ!」と先走る体を止めるオオカミ。そんなオオカミの心を知らず、肉体的魅力を無邪気に振りまくヤギ。たまりません。

まじめに考えてみれば、「相手を信頼する」ということは、相手の暴挙への抑止力になる、ということをよく教えてくれます。

さて、ピクニックを終えた2匹は岩山の下で別れます。
でも、帰っていくヤギを見ていたオオカミは、「こんなの…やっぱり…がまんできねえ」とヤギを追いかけます。

え、やっちゃうの…(ワクワク)?

ヤギに追いついたオオカミは、ヤギに、大事なことを忘れている、と言い、「なんでしたっけ?」と問うヤギに言います。

「もう、じれってえなあ、だからあ…。」
オオカミは ふいに したを むいて、ポツリと
ちいさく いった。
「こ、こんど、いつ あうっす?」

もうオオカミ、ヤギにメロメロ…。
で、2匹の影が1つにつながって(!)どこまでも伸びている、というシーンで終わります。


会話の口調から考えると、ヤギが優しい先輩で、オオカミが、乱暴者だけどヤギにはなついている後輩、といったところでしょうか。ヤギは、オオカミのことをかわいい後輩だと思っているけれど、オオカミは本当はヤギのことを友情以上に感じてしまうことがあって困ってしまう、と。

さあ、2匹の関係は今後どうなる…? 今以上に深まるのか…?
ムフ腐腐腐!(→「その3」へ)
関連記事
2005/04/24 23:20 妄想読書 TB(0) CM(2)
コメント
なんと深いお話でしょう!
ヤギを受け、オオカミを攻めに変えればそのままBLの世界ではありませんか。
特にオオカミのやせ我慢は不器用で天邪鬼な攻めを見るようです。
食べたい、食べたら最後、でも食べたい、いかん嫌われる・・・手に汗握ります~。

・・・と見るのは腐女子脳のせいですね(汗)
BLの世界だと最後はオオカミが食ってしまって終わりなんでしょうけど。

友情がいつまで友情として続くのでしょう。
この続きも知りたいとこです。


2005/04/25 15:51 桃 URL [ 編集 ]
>桃さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
私はこれを読みながら、「え、こんなすごいの、絵本として出して大丈夫なの?」なんて思ってました。そう思うあたり、私が腐っているようです。

ちなみにオオカミの「やりたい」は私の中で「殺りたい」ではなく、もちろん「犯りたい」です…。

ふつうに考えても、オオカミとヤギの会話もとてもかわいくて、スリリングな展開なので、とても楽しいお話だと思います! うちの母も本を見て、「あれ、これ借りたの? おもしろいよね」と言うので、読んでいたみたいです。
2005/04/25 22:44 ふうう URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huuu.blog6.fc2.com/tb.php/39-89d6f2b0
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ