男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
夫はブラウザのメールを使っているのだけど、昨晩はその送信履歴をチェックして立ち上げたまま寝てしまった。娘が見たいというアンパンマンをパソコンで見たりしていたら、閉じるのを忘れてしまったのだ。

夜に目が覚めて1階に下りていくと夫が帰ってきていた。それで寝るときに、メールチェックとか、してもかまわないけど、それを見ても却って気持ちが落ち込むだけなんじゃないか、と言われた。

それは正論。でもあなたに正論を言われても…。
浮気を知ったばかりのときみたいに頭が一日中それにとらわれてちょっとした刺激ですぐにでも涙腺がゆるむような情緒不安定からは脱したけど、ときどきふっと思い出しては、悔しい気持ちになる。

BL本を読んでいたって、執着心とか「おまえだけ」とかそういう内容が出てくると、自分と重ね合わせて微妙な気持ちになる。

夫は、というと、これからを見てほしい、と言って、家事にも育児にもとても協力的で(もともと協力的だったけど)、娘の入院のときには率先して休みをとって、一昨日の晩も今朝方も夜泣き(?)する娘を抱っこして「寝てていいよ」などと言う。

まあ、まだ1ヶ月たってないしね。いつまで続くか。
なんていじわるな気持ちでいては今後うまくいかないと思う。いじわるな気持ちになったり、素直に「ありがとう」と思ったり。心は揺れる。
ちょっとこわいと思っているのは、これで60とかになってふと、「なんでこの人と一緒にいたんだろう」なんて思ってしまうこと。

そうなりたくなければ、気を強く持って、乗り越えていかないと。
まあ前よりほんとに、だいぶラクになったのだから、今後はもっとラクになるはず。
…娘が元気になったとたん、自分の悩みに逆戻り。
いっかーん。しばらくはメールチェックもブログチェックもやめよう。ほんとに。

さて、今日の感想は、楽しみに待っていた、『是』4巻。

是-ZE- 4 (4)』志水ゆき

3巻の終わりで白紙に戻った氷見が再生するところからスタートする4巻。続きが待てなくて、4巻に収録された玄間×氷見編は雑誌で読んでいたのだけど、改めてまとめて読むとまたまたよかった。

けど、紙様が白紙に戻るとき涙を流すと玄間が雷蔵に教えてあげるシーンのあたり、ちょっと雑誌と変わっているような…。雑誌より、わかりやすくなった気がする。雑誌を処分してしまったので見比べられないのだけど。捨てたのは最近なので、ちょっと後悔…。

で、感想は、氷見が、かわいそう。
白紙になって目覚めた当初、氷見は屈託なく、玄間を見つめていたのに、玄間に「ニセモノだ」と否定されたことで、それからの氷見には影が生まれた。それがむしろ玄間好みになったというか、昔の氷見っぽくなったんじゃないか、と思うのだ。氷見の悲しみも苦しみも、すべて玄間に都合がいいように作用しているのだ。

たとえばもし自分の好みが影のある人だったら、相手を傷つけて、一生残るような傷でも心に負わせれば、自分好みの影のある人間になるんじゃないか、と。そんな感じ。
まあその後玄間は16年間も飽きずに氷見に夢中なのだから、いいっていえばいいのだけども。人間誰しも傷つける・つけないにかかわらず、お互い影響しあっていくものであることだし。でもちょっとだけひっかかってしまった。

玄間×氷見編の次は、3Pだった。双子の言霊師と一人の紙様。なんというか、こっちの紙様も、かわいそう…。双子にとっても愛されているのはわかるのだけど、体格的にも人数的にも、2人相手じゃ勝ち目ない。いいようにされてる…。「やだ」って言っているのに、無理やり。

最近、なんとなく、「そういうことしたら、ほんとに傷つくんじゃないの」なんて受けの立場をまじめに考えてしまう部分がある。
まあそれが自分の精神的立ち直り具合のバロメータになると考えておけばいいのかもな。

そういうことを考えたりしたけど、『是』、やっぱりとてもおもしろい。
最初に4巻を読んだとき、全体を通して「なんでこんなにやってばっかりいるんだ、この人たちは…」と思ってしまった自分に愕然としたものだけど、それは体調のせいだったらしい。今読むととっても楽しめる。もう何度読み返してることか。体調、よっぽど悪かったんだ…。

5巻、楽しみです。どっちが受けでどっちが攻めなの! と興奮しそうな二人が出てきます。1巻で死体を回収しにきた二人です。まあ、やんちゃなほうが受けだと思うんだけど。来年夏ということ、首をながーくして待とうと思います。

関連記事
2006/11/08 12:38 BLコミック 志水ゆき TB(0) CM(4)
コメント
是の4巻、注文してあるので、20日過ぎに届くはずです!今月も木原さんの新刊が出ますね!楽しみだ・・・。
時間が過ぎていくと、感じ方も少しずつ変わっていくのでしょうか。
毎日小さくても楽しいことを積み重ねていけるといいですよね・・・。
2006/11/08 17:14 水仙ウーロン URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/09 18:19   [ 編集 ]
>ウーロンさん、

いろいろ書きましたが、とってもおもしろかったですよ。期待できると思います。
木原さんの新刊の表紙をアマゾンで見ましたが、素敵でした~。ものすごく楽しみです。
時間って、物事の解決策として有効なんだー、としみじみ感じています。きっとラクになる、と思っていたけど、本当にラクになりました。
(また落ち込む時期はくると思うんですが)
でもそれも心配してくれたりする人がいたもの大きいと思うんです。コメントとか本当に励まされたんですよ~。
ありがとうございした。

あ、あと、この経験をいつか活かそうとも思っています。いいネタにもなるし(笑)!
2006/11/09 20:01 ふうう URL [ 編集 ]
>コメントくださった方、

いつもありがとうございます!
そう、たぶん一生のこるは残りますが、ウーロンさんのところにも書いたように、これをいつか活かしてやろうと思います。
④巻、ご賛同いただけてうれしいです。⑤、首が長くなりすぎそうですが、楽しみがあるってのもいいことですよね! わくわくです。
2006/11/09 20:03 ふうう URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huuu.blog6.fc2.com/tb.php/272-5138c705
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ