男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
昨晩、さあ、『リベット』を読むぞ読むぞ、と思っていたのにこんなに日に限って夫が早く帰ってきました。

しかし、最近、私たちが寝てから帰ってきて、起きる前に出て行く夫は疲れていたらしく、娘を寝かつけていたら一緒に寝てしまいました。
そういう私も娘より先に寝てしまったらしく、起きたら朝でした。

で、娘が起きるまでの1時間、読みましたよ~。ああ。ああ!
つらかったです。人の心が、ものすごくよくかけていて、何かが胸にせまってきました。

リベット』木原音瀬
初芝公平は、誰にも知られたくない大きな問題を抱えて暮らしていた。しかし、その悩みと明るく向き合いながら、一人で生きていこうとしていた初芝の心を乱すものがあった。それは、いつも温かく抱き締めてくれる恋人の由紀と、常に初芝の我が侭を聞いてくれる職場の後輩の乾の存在だった。二人は初芝の心を弱くも強くもする。自分の悩みを告げるべきか、初芝は葛藤するが…。

初芝の誰にも知られたくない大きな悩み…。
それは背が低いとか、あの人に振り向いてもらえないとかそんな悩みじゃなくて。自分の死を身近に感じてしまうようなもので。そして感染の心配があって好きな人がいてもおいそれとは抱き合えないようなもので…。

初芝の状態が、つらかったです。
恋人には、病気のことを話すといったんは受け入れられたように思えたのに、未来が見えないし、自分も感染したらと思うと怖い、と別れを切り出されたり。

そんな中、思いのたけというかやつあたりできる相手が、初芝の病気のことをわかっている後輩の乾でした。
でも初芝はノンケで、最初は恋人がいるし、その恋人と別れたあともいったん女性と付き合います。
BLで、ここまで普通にというか、本気で女性と付き合うとは…。
だからこそ、BLを超えているというか…。

最後、初芝は、だれかいないとというせっぱつまった状態になって、乾を受け入れます。

受け入れるといっても、初芝はノンケで、乾にキスをするだけ。それは、初芝が初めて乾に示した愛情でした。でもそうしつつも初芝が、自分が単にひとりになるのがこわくて、乾の自分への愛情を利用しているんじゃないかと後悔している様子なのを見て、乾は言います。

「だれかが、そばにいるから強くなれるんだと思います。愛情を食って、強くなるんですよ。それがわかっているから、人を求めるんじゃないかな」
しゃべりながら、考えた。初芝が人を好きになるのを止められないのは、それがわかっているからだ。支えてもらって、強くなりたいからだ。背中に回された腕が、自分の肩を強く掴むのがわかった。


たぶん、そのうち、乾の愛情が初芝の気持ちを自分にむけさせることになると思います。そういう前向きな終わり方ではありました。題材上、楽観的なだけでは終われないのですけど。
ああ、続きがほしいよ…! 

が、あとがきにありました。
初芝について、「性格上、彼が乾のことを心底受け入れるにはあと二、三年ともう一つぐらい大きな何かがないと無理のような気がします」と。
えええ!
いやだなあ、大きな何か、ってもう十分初芝には大きな事が起こっているから、そうなるとあとはもう発症とか死ぬとかしかないんじゃないか…。


最後に帯にあった近刊予定を。
11月には「吸血鬼と愉快な仲間たち(仮)」…。コメディかしら?
1月には「WELL」。これはSFというか何というか、へんな世界での幼馴染の関係の変化だったけど、これが来たか…! 

と、ここでゆちゅらぶさんからの情報を追記。
カバー、はずしてください!!
カバー下に、3年後の二人が!!
がああああ! そうよ、愛のある二人が見たかったのよ~!
今ものすごく興奮してしまいました。愛があります。初芝が、乾に愛を感じてる!! 素敵…。ゆちゅさま、ほんとに、ほんとに、ありがとうございます。あやうくスルーしちゃうところでした。

関連記事
コメント
ううう。すんごく悩みつつ、注文のボタンを今ぷちっと押したところです(笑)。ここまできたら、木原ファンとしては読まねばなるまい。少なくとも、一作目は読んだことがあるのだから(中国語で 笑)、傷は浅い、はず・・・。
この次につらかった「WELL」が次の次かーー・・・。あれは続編ありえないですよね・・・。
美しいことの続きはいつ読めるのかなー(笑)。
2006/09/22 20:16 水仙ウーロン URL [ 編集 ]
>ウーロンさん、
コノハラーなら読まねばなりませんよ!
で、ご安心ください。
カバーはずせばそこには愛があります。途中苦しくても、最後には愛があると思って安心して読んでください。
WELLの続編、あったとしたらみなの白骨死体ですよね…。しかしあれは前後編でもなかったから、かなりの量の書き下ろしになるんじゃないですか。それはそれでどうなるやらと楽しみです。
「美しいこと」、いつになるやらですね。単行本未収録作品の中でも最後のほうになるんでしょうね…。
2006/09/22 21:05 ふうう URL [ 編集 ]
ふううさん こんばんは♪
先程自分の感想をアップしました♪
カバー下の愛、うれしかったですね~!
後からもうちょっと本編の余韻に浸ればよかったなぁ、とちょっと思いましたけど(笑)でもお役に立ててよかったです♪
ハツモノスキーの私としては、もう一山の部分とか二人の初めてとかものすごーく気になりますけど!
とりあえず素直に幸せを感じられるエンドが嬉しかったですね♪
また後日TBに参ります~。
2006/09/24 00:53 ゆちゅらぶ♪
 URL [ 編集 ]
>ゆちゅさん、
カバー下の、もう本当にうれしかったです~。帯に、「おまけつき」とか書いてあるのをみて、「??」と思っていたのですが、これのことだったのですよね。
私もハツモノ大好きですので、二人の初めてが気になって気になって…。ここのところそれをいろいろ妄想してとまりません! 一山はきっと乾が交通事故にあって死にかけて大事さに気づいて、だとか、やっぱり最初はきっと初芝からせまっていったのだろうな、とかもう止められないのです…!
興奮して長くなってきたのでこのへんで…(笑)
2006/09/24 16:26 ふうう URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huuu.blog6.fc2.com/tb.php/246-4fb69a15
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ