男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
妊娠したとき、いちばん心配になったのが、経済面でした(「ホモ本に費やしているお金を運用すれば?」とかのつっこみはナシでお願いします)。
そこで、産休・育休をとって仕事は続けることにいたしました。

産休は、出産前6週間、出産後8週間あり、この期間は、基本給の6割がもらえます。育休は、出産後1年間あり、基本給の4割がもらえます(といっても、育休中は3割支給で、復帰後6ヶ月たった時点で、残り1割を支給されます)。

さて、当時住んでいたマンションは、都心の駅近の物件で、けっこうよい値がいたしました。夫だけの給料になった場合、半分以上が家賃で占められて、とても生活できません。
そこで、育休の間だけという期限付きですが、私の実家のそば(田舎)へ、引っ越してきました。

これから子供が3人に増えたら仕事が続けられるのかとか(まだ子供は1人だけど将来的には3人くらいほしい)、やめた場合に夫だけの給料ってのもきついだろうか、とかいろいろ考えてしまいます。そもそも、夫だっていつリストラされるかわかりません。リストラどころか、今夫は体調をくずして、先週からずっと休んでます。大丈夫なのか…。

そんなとき、いいなあ、と思うのが、働き手2人、主婦(主夫も可)1人のおうち。
高校生のとき読んだ、『The B.B.B.』(秋里和国)を、妊娠してからよく思い出すようになりました。

『The B.B.B.』は、女子大生の友美が、血のつながりはない兄の獅子丸をめぐり、獅子丸の米国留学中のルームメイトだったガイ(男)と獅子丸を取り合うお話です。「獅子丸」なんて名前はすごいけれど、美形です。

これ、ラストがすごいんです。
獅子丸は最初から、「友美もガイも好きだよ~。選べないよ~」という感じだったのですが、最後には友美とガイまでお互いを好きになってしまい、行き着く先は「3人で結婚」。
獅子丸とガイは外で働き、友美は専業主婦をしています。そして子供は2人(髪の色から、1人はガイの、もう1人は獅子丸の子供)。さらにもう1人妊娠中。

働き手が2人いれば、1人になにかあっても大丈夫! と、心配性の私にはとても力強いのです。「いいな~、いいな~、友美はいいな~」と思う日々でした。

ええと。
でもたぶん、高校生だった当時の私にとって、「3人で結婚」よりも衝撃だったのは、ガイの女言葉でした。それまではふつうの言葉使いだったのに、実は家では女言葉を使う人だったということがラストで明らかになります。「こんなかっこいい人がなぜ女言葉を…」とブルーになったのを覚えています。

秋里和国って、よく考えると、タブーをものともしない、すごい人だと思います。
(今は全然読んでいませんが)

関連記事
2005/05/16 23:20 BLコミック 秋里和国 TB(0) CM(8)
コメント
こんにちは、ふううさん。
旦那様、具合はいかがですか?
心配ですね。
あせらずにゆっくり養生なさってください。

うちはDNKSです。
病気で子宮を取ってしまったので今更妊娠もありません。
しかし・・・世間は子供を産めない女に厳しいです。
収入面の心配はなくても精神的には遠まわしに嫌味を言われる日々もあります。
も~、好きで産まないわけじゃない!と叫びたくなることありますよ。
自虐的になることもありますしね。

三人婚ですか。
江国さんとかBLだと七地寧さんとか他にもそういう結末を選ぶお話ありますね。
私にはあまり納得がいかない納まり方です。
私は1人しか愛せないし、愛した人にも自分しか愛して欲しくないし。
複数愛せる人もいるのでしょうね。
それでその「愛している」に順番はあるのでしょうか。

やっぱり結婚は1対1がいいなあ。
自分に子供が出来ないので多分不安なんでしょう。
2005/05/17 12:37 桃 URL [ 編集 ]
>桃さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
確かに世間は、「子供を産め、産め」という風潮がありますよね。その人の事情なんてお構いなく…。うちの親もずーっとそうで、結婚してない私の友人を見ては、「早く結婚すれば幸せになれるのに」といい、子供のいない友人を見れば、「子供を産める年齢もあるんだから、早く産まないとダメだ」みたいなことを言います。何が幸せか、なんて個人次第だし、子供については、体の問題もあったりしてそう簡単にいくものではないのに、といつも思ってしまいます。
桃さん、うまくいえないけれど、負けないでください~~。

そして、3人婚、「愛しているに順番はあるのか」って考えていませんでした。あったらヤですね…。
3人というと思い出すのは、「芸術は爆発だ!」の岡本太郎の母親の、岡本かの子です。この人は、だんなさんがいながら、家に愛人を住まわせていた、というつわものです。本当にやってしまうところが、すごいなあ、と。

夫の具合は、相変わらずです。心配してくださって、ありがとうございます。木曜日に血液検査をもう一度するので、その結果を待とうと思います。
何もないといいんですけど…。
2005/05/17 22:16 ふうう URL [ 編集 ]
はじめまして。ものすごく時期ハズレにここに来ました。
むかーしむかし読んだ『 The B.B.B.』関係の検索でここに来ました。
わたしはあのラストにはアッタマに来ましたね。ふううさん同様、ガイの女言葉に衝撃を受けましたが、それ以上にもっとショックだったのが、三人で裸でベッドに寝ている(やってませんよ、寝ているだけ)シーンです。
別に三人で結婚してもいいけど、どっちか二人がやってる時、残りの一人も同席ですかい?それはないでしょ。
このラストは、秋里さん、最初から想定済みだったんでしょうか?苦肉の策だったんでしょうか?本人としてはサイコーのドンデンだったのでしょうか?
ふううさんが経済的なことでこのコミックを思い出すように、私も今一児の母となって、ふと友美の子供のことを思い出します。あの子たちが成長した時に、お父さんが二人という状況は非常によくないのではないでしょうか。しかもどっちがお父さんか、明確にはなってないし。
ボーイズコミックならまだしも、一応あれって普通の少女マンガですよね。
ふううさんは、三人結婚は衝撃+許容範囲でしたか?
2006/02/13 16:17 さくら URL [ 編集 ]
>さくらさん、
はじめまして。コメントありがとうございました。

三人結婚ですが、当時の私にとって許容範囲だったかどうか…。たぶんあまり好きじゃなかったと思います。なので、『TOMOI』は買ったけど、『The B.B.B』は買ってないか、売ってしまった気がします。

最近はBLをたくさん読んでいる影響か、許容範囲が広がっているので、3人婚というストーリーもありかとは思います。まあツボには入ってこないですけどね。

現実には、自分はもちろんする気はないですし、教育上よくないってのは同感です。
とはいえ、一夫多妻が制度としてある国もあります(The B.B.Bは逆ですけど)。その場合、夫人同士の確執や権力争いの話を聞きますが、そうやって妻同士がいがみ合う場合より、愛し合う3人なら家庭は楽しくなるのかも、とも思います。

大切なのは、愛かなあ、と。それが3人で本当に成立するのか、それはわかりませんけどね。

秋里和国は、同性婚が普通で、異性婚がおかしいとみなされる世界のマンガも描いています。それと同じレベル(常識とはずれるという意味で)での問題提起と言う意味かもしくはそういう価値観もありさと見せる意味での三人婚なのかな、と思います。
2006/02/13 23:49 ふうう URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/23 11:48   [ 編集 ]
>コメントをくださった方

コメントありがとうございます。
すいません、一瞬、笑ってしまったのですが、
現実的には、NGじゃないでしょうか。
女性の立場として、逆なら(女1人に男2人)ならアリだと思うのですが。
岡本かの子なんて、このパターンです。

で、笑っている場合じゃない、と思い直したのですが、うちの夫、浮気していたときがあります。

そのときの苦しい胸のうちを、このブログに
したためておいたのでした。
http://huuu.blog6.fc2.com/blog-date-200610.html
上記の、10月16日以降あたりからもうリアルにディープです。
つらかったです。
機会があれば読んでみてくださいませ。

ではでは~。
2010/10/23 17:27 ふうう URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/01 09:38   [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>コメントくださった方、

まさかまた訪れてくれるとは思わず。
過去ログ、見てくださってありがとうございます。

いろいろありましたが、今は仲良くしてます。

前より子供の面倒も家事もよくしてくれます。
昨日はトマト鍋を作ってくれました。
初めて食べましたが、おいしかったです。


告られて、優しく断ってあげたのでしょうか。
タイヘン気になります…。


私は関東なのですよ~。
2010/11/01 14:46 ふうう URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huuu.blog6.fc2.com/tb.php/19-fcafb19b
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ