男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ


Bill Konigsberg "Openly Straight"

たいへん興味深いお話だった。YAもの。
図書館におかれて、青少年が読むべき内容のもの。


レイフは、中学生のときに親にゲイであることをカミングアウトする。
元ヒッピーの両親はとても自由な考え方をする人たちで、行動自体もふつうの親と違っていて、
母親は裸ヨガをやったり、父親は知らない人と一緒に楽しく踊ったりできる人。
レイフはそんな両親を愛しているけど、恥ずかしいと思っていたりもする。

レイフの母親は活動家で、さっそくGSA(ゲイ・ストレート・アライアンス)の活動を始め、
レイフにもみんなの前で話すことを勧めたりする。
それで、レイフは、ゲイの学生として、ほかのハイスクールで生徒たちの前で
話したりする活動をしたりする。
レイフ=ゲイは高校で知られているけれど、それで嫌がらせをされることのない
オープンな地域のオープンな学校に通っていたレイフは、自分がゲイ以外の目で
みられることがないことに嫌気がさし、自分がゲイであることを隠して、
コロラドから遠く離れた寮のある男子校に行く決意をする。
そこでは、ゲイであるということを公言するつもりは毛頭なかった。


そして、寮に入ってすぐ誘われたお遊びフットボールでいい動きをしたので、
運動ができる高校の人気者たちの仲間にはいり、サッカーチームにも入る。
それはゲイと知られていたらできなかったこと。
レイフは満喫する。
そして、そのうちに、その仲間の一人、寡黙な大男、ベンと親しくなる。


ベンはニューハンプシャーの農家出身で、全額奨学金でこの高校に来ている異色種。
ほかの男の子たちと違い、女の子をモノ扱いするような発言などしない。
哲学のこと、歴史のことなどをいつも考えている。
そのベンの親友であり、ルームメイトである、男子校唯一の黒人、ブライスがうつ病になり、
退学して実家に戻ったあと、レイフはベンの部屋に入りびたり、仲良くなる。


ある晩、一緒のベッドで寝た二人。
次の時にはキスもしてしまう。
レイフはうれしくてたまらないのだけど、ベンは混乱する。
そして、もともとゲイだったというレイフの告白を聞いたベンは激怒する…。


お話はレイフの一人称で進む。
「ゲイというレッテルから逃れてただのレイフとして見てほしい」というレイフの願いは
どのような結果に終わったのか。
ゲイであることはレイフであることから切り離せるのか。
そのあたりを、読者に考えてほしかったのだと思う。
ただもちろん、押しつけがましくなくて、そこここに笑える部分が入っていて
楽しみながら読んでしまった。


とくに笑えたのは、レイフがカミングアウトしてからのエピソード。
ほかにカミングアウトしている男子生徒2人と3人で歩いていたら下級生にジロジロ見られ、
「そんなにゲイがめずらしいのか!」とけんか腰にいったら、
しどろもどろに「君の顎にケチャップがついてるから…」と言われた話。
自分が気にしていることを、相手が同じように気にしているわけではないということを、
笑わせながら読者とレイフに教えてくれる。


あと興味深いのが、文章教室。
レイフは、英語教師、スカボロー先生のクラスをとっているのだけど、
先生は自分のことを日記に書くことを生徒に推奨する。誰にも見せないから、自由に書いてほしい、と。
そこにレイフは、ゲイとしての来し方を書いていく。
(スカボロー先生はネトリックス高校のGSA顧問だったので、
実は母親が事前にレイフがゲイであることを伝えていた。レイフは最初そのことを知ったときに
怒るのだけも)


先生の、レイフの文章に対する指導がとても適格(当然でしょうけども!)。
話が散らばりすぎているから、一つのことをとりあげて、自分の気持ちをもっと掘り下げて、とか
書いてあって、そのとおりなので、勉強になる。
勉強になりながらも、ベンのカミングアウトの様子、初めてのボーイフレンドらしき人との
顛末などが、読者にもわかるようになっている。
よくできている。


ただ、この本だけでは、「あら、もうおわり!!」というところで終わっている。
そしたら、つい3日前に、続きの新刊が出た。
18ドルという高級っぷりで、M/MじゃなくてYAであることを実感させられたのだけど、
その価値はあると思ってポチって、今、読んでいる。
続きは、主人公がベンに変わっている。ゲイであってはいけないと思うベンは、
レイフとの関係を築いていけるのか。ベンの新たなガールフレンドの存在があって、私はハラハラしている。
残念ながらAudibleはないのだけど、もし今後出たらぜひ音声でも聴きたいくらいおもしろい。



関連記事
2017/03/31 07:40 BL洋書・翻訳物 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huuu.blog6.fc2.com/tb.php/1471-19194999
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ