男同士の愛に目覚めて20余年。2年前からM/M洋書にはまってます。今はドラマskamに激はまり中。
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ



Goodreadsという書評サイトの、Best M/M Contemporary Books of 2015の項目の、
3位(この本)と9位に自閉症スペクトラムの子が出てきてるのだけど、
米MM業界では今自閉症が流行りなのかしら。


9位の本のほうの自閉症の子はあまりに会話がうまくて、突然の出来事にもちゃんと対応できてて、
自閉症っぽくなさすぎて試しよみで読むのをやめたのだけど、こっちはそれよりちゃんとしてた。
自閉症だったわたしへ』という本があって、自閉症の著者が小さいころどれだけ生きづらかったか
を書いた本で、自閉症の人から世界がどう見えるかが垣間見えるものなんだけど、それともそんなにはずれてない。


ちょっとエメットがジェレミーに対して話すのが上手(けっこう臨機応変)すぎる気がしなくもなかったけど、
まあ、スペクトラムだからいろいろあるってことで…。


自閉症スペクトラムのエメットは、アイオワ州立大学で応用物理化学とコンピューターサイエンスを専攻している。
近所のジェレミーに惚れて、10か月は何もできずにいたけど
(自分が話すと周りにおかしく思われることを知っていてなかなか思いきれない)、
その界隈のピクニックのときにはじめて声をかける。
この自己紹介がいかにもそれっぽくてよかった。


ジェレミーはそのピクニックで、パニック発作になりかけて、エメットに救われて、
それ以来、二人は行き来するようになる。
そこから二人の自立への道のりをていねいに書いた本だった。


ジェレミーとエメットがくっついているのをジェレミーの母親に見つかったあと、エメットのことを嫌っている母親がジェレミーに
会わせてくれないときに、エメットがジェレミーにメールする方法がとても優しかった。
落ち込みすぎてろくに字を打てないジェレミーをわかってて、yesならy、noならnで答えて、と書いてメールする。


ぱっと見て行動が「おかしい」エメットのほうが、実はぱっとみておかしくないジェレミーより
社会に適応するすべを知っていて、ジェレミーがエメットをすごいなと思っているところとかかわいらしくてよかった。
二人が心配で最後まで読んじゃった。


タイトルの意味も、そういうことなのね!と涙が出そうになった。


けど、残念なことに、萌えなかった…。
なんか萌えてちゃ悪い気分になってくる。というか、二人がなんかしてても、それ以上に
二人を心配しちゃって萌えられない…。


こういう大変な思いをしている人たちがいるってことを啓蒙したい!という著者の熱い想いは伝わってきた。
だから自閉症とか不安障害を物語に利用している、とかそういうのは感じなかった。
自閉症スペクトラムのエメットが、社会とうまく適合するためにとっている方法も詳しく書いてあったし、
不安障害のジェレミーの精神科医とのセッションも、その子が不安を克服するためにとっていく方法もこと細かくて、
なるほど、と思いつつも、ていねいな描写になるほどに純粋なMMとしては楽しめる部分は減っていた。


自閉症スペクトラムの子のBLと言えば、木原音瀬『POLLINATION 』しか知らない。
あのシリーズは3冊出ていて、その3冊目にあたるんだけど、攻めの谷脇がひどい奴で、
その鬼畜っぷりに私は当時夢中になった。
夢中になりながらも、よくこんな倫理的に問題ありすぎるのを出せたなって思ったけど、
BL界って何でもアリなのねと思わせてくれた本だった。
でもその後、それ系のお話は出ないので、やっぱりタブーに近いんじゃないかと思う。


今、『POLLINATION』へのリンクを張ったら、「お客様は、2007/7/15にこの商品を注文しました。 」
と出て、あら、日付までばっちり出るのね…。ちょっと恥ずかしい。
(新装版を再度注文しただけで、2004年くらいには読んでる)
関連記事
2015/10/08 11:28 M/M洋書(アメリカ) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huuu.blog6.fc2.com/tb.php/1166-4e2f3bf4
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化を憂いつつ、ゲイなものにうつつを抜かす日々。2年ほど前からM/M洋書にはまってます。つい最近、ノルウェーのドラマSkamにはまりました。EVAK大好き♡誰かとSkamについて語りたい!


    好きな人々
    コミック:ウノハナ、日高ショーコ、秀良子、依田沙江美、今市子、萩尾望都
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、樋口美沙緒、高村薫
    ドラマ:ノルウェードラマSKAM の、Even×Isakのカップル
    M/M小説家:Alessandra Hazard、Sarina Bowen(m/m限定。この方は男女ものも書く)

    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(SKAM好きが高じて最近また復活してます)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ