男同士の愛に目覚めて20余年。2年前からM/M洋書にはまってます。今はドラマskamに激はまり中。
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ


凪良ゆう『きみが好きだった』



俺ならもっと、先輩を大事にするのに──。高校2年生の高良が恋に堕ちたのは、3年の先輩・真山。けれど彼は大切な幼なじみで親友の恋人で、いくら想っても叶いはしない…。密かな想いを胸に盗み見た、綺麗な横顔。昼休みの屋上で一緒に食べたお弁当。夏休み、一度だけ奪った海辺のキス──三人の時間が心地よくて、微妙な均衡を崩せずに…!? 大切に想うあまり封印し、押し殺したはずの17歳の激情。 十年後の再会が、白衣の似合う大人の男を一途な少年に還らせる── 忘れられない記憶も、好きと言えなかった後悔も、この愛が成就するために必要だった──時を経て鮮やかに花ひらいた真実の愛!!



凪良さんは大好きな作家さんなので、
かならず買っているのに、感想を書いてなかった…!


たぶん、ちょっとイヤだった部分があったからなんです。
これ、ちょっとした三角関係もの。


受けのマヤちゃん先輩は、最初、攻めの高良の
いとこの諏訪とつきあっていて、しょっちゅう泣かされているのを
高良はリアルタイムで見ていて。
高良目線なので、その時間(本にして半分!)は
指をくわえてみている時間。


それがイヤだったのですよね…。
再会後、二人が付き合うようになってからも、
高良は諏訪にはかなわない、と思ってて。
その気持ちは本当によくわかる!
よくわかるけど、…なんかイヤでした。
わかりすぎてつらいからかしらん。


まあ、マヤちゃん先輩は諏訪と付き合っている頃から、
高良のことを「ほっとできる相手」と諏訪にまで
言っていたらしいので、前から好きだった、
といないこともないんだけど。


最初から最後まで、「この人だけ!」という執着がほしい。
現実世界にはその執着ってないので…!
高良にはあったけど、マヤちゃん先輩は最初本気で
諏訪に惚れてたから、そんな風に
好きな人が時系列で変わっていくのは、いかにも現実っぽい!
BLはファンタジーなので、
ちょっといっちゃってていいので、
「この人だけ」という熱い思いがほしいと思ったのでした。


…と、文句をたくさん書いちゃったのですが、
久々に後半部分だけ読み返したら、
やっぱりよかったです。
で、今感想を書いた、というわけでした。


2013/05/30 12:12 BL小説 凪良ゆう TB(0) CM(0)


可南さらさ『告白 (ガッシュ文庫)』



彼を見た瞬間、胸の奥がきゅっと熱くなった…。由緒ある男子校・鷹ノ峰学園に入学した彼方は、桜の下で恋に落ちた。相手は、黒い噂の絶えないクールで毒舌な生徒会副会長・寒河江。少しでも彼に近づきたくて、彼方は生徒会の雑用係になる。けれど寒河江は彼方の存在を無視し、向けられる言葉は叱責ばかり…。叶わない恋とわかってる。でも、好きでいていいですか―。不器用で一途な学園ラブ。




可南さんの切ない、健気受けが読みたい!
と思って、『約束 (ガッシュ文庫)』と同じ寮のある高校が舞台に
なってるこちらを購入。


確かに健気受けでした。
が、ちょっと、攻め、ひどすぎないか!?
という言動が多数…。


自分でいいがかりをつけておいて、
「すぐに謝るなと言ったはずだ」
とか怒ってみたり。
こいつ、何様…?と微妙に思いました。
でも彼方が彼に夢中なので、その「何様」疑惑を必死に
打ち消しながら読みました…が、
最後までそれは消えてくれなかったな。


こいつは何様じゃ。
受けの優しさにいい気になってんじゃないわい!
泣かせてほしいけど、なんか微妙にちがうわ
って思ったのは、冷たいことを言う理由が受けの事を誤解したとかでもなく、
単に言いがかりつけてるからだわ。
それが嫉妬からスタートしてることだとしても、
なんかイヤ~~~。


というわけで、ああん、健気!
という気分には半分なれなかったのでした。
全体的には面白かったのですけど。


で、また気になっちゃったのが、受けの兄、立佳。
立佳がSっけがあって、彼方の学校に教育実習に来た
幼馴染の響とどうやら何か関係があるみたいなんだけど、
この二人のことを書いた本ってあるんだろうか?
気になるー。気になるー。


ご存知の方いらっしゃいましたら、
ぜひ教えてください。


それにしても今この、『告白』、
アマゾンで値があがってます。
絶版にしても、それにしても。



2013/05/29 15:15 BL小説 可南さらさ TB(0) CM(0)


西つるみ『華なるもの (Feelコミックス オンブルー)』



ときは平安末期。武家の三男と卑しい出自でありながら、
権力者たちの寝所を渡り歩き、上皇の寵人となった高前(たかさき)。
美しい成り上がり者として畏怖と羨望の視線を集める高前だったが、
有力貴族の御曹司・智実からは素直な好意を寄せられ、
その余裕を不愉快に感じる。
しかしある日、二人の関係が決定的に変わる事件が起こり――。
引けぬ意地と激情が絡み合う、切なく底深い大人の恋愛劇、
”数年後”を描く掌編を描き下ろし。



うーん、これは…。
どうとらえたら…。


私の考える普通のBLは、主人公が二人(ないし三人)いて、
その相手との愛憎劇、なのですが、
このお話、主人公が相手をどんどん変えて
成り上がっていきます。


といっても、わりとあっさりした絵柄なので、
愛憎劇、というドロドロした印象はないのだけど。


最終的には「この相手が最後の?」という相手がいるのですが、
それまでにいったい何人と寝て、
何人を不幸にしたのかしら…。
そして自分のことをも、不幸にした…。


もうちょっと主人公の心情とか、育った環境とか描かれていたら
なぜそういう生き方をするのか、という点について
共感できたのかもしれません。
そこが足りないのか、
どうも主人公には感情移入ができませんでした。


えー、ここで終わり!
という終わり方ではありますが、
なんだか後を引きずります。


すっごくよかった、
とか感動したわけではなかったのですが、
あとからジンワリ、何かくる…。




2013/05/28 10:50 BLコミック その他 TB(0) CM(0)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化を憂いつつ、ゲイなものにうつつを抜かす日々。2年ほど前からM/M洋書にはまってます。つい最近、ノルウェーのドラマSkamにはまりました。EVAK大好き♡誰かとSkamについて語りたい!


    好きな人々
    コミック:ウノハナ、日高ショーコ、秀良子、依田沙江美、今市子、萩尾望都
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、樋口美沙緒、高村薫
    ドラマ:ノルウェードラマSKAM の、Even×Isakのカップル
    M/M小説家:Alessandra Hazard、Sarina Bowen(m/m限定。この方は男女ものも書く)

    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(SKAM好きが高じて最近また復活してます)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ