男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ


夜光花『サクラ咲ク (リンクスロマンス)』


高校生の頃、三カ月の間行方不明となり、その間の記憶を無くしてしまった早乙女怜士。明るかった性格から一変し、殻に閉じこもるようになった怜士の前に中学時代に憧れ、想いを寄せていた花吹雪先輩―櫻木と再会する。ある事件をきっかけに、怜士は櫻木と同居することになるが…。



忘れないでいてくれ (リンクスロマンス)』のスピンオフ。
挿絵を描いていた朝南さんが亡くなられたので、今回は挿絵ナシという
ことで、淡いピンクの表紙で、中も一切、イラストなしでした。
あったらそりゃよかったですけど、なくてもよかったです。


夫にBL好きということを言ってなかったころは、
挿絵なんてないほうがいい!と強く思ってたけど、
今となっては微妙に物足りない気がするんだわ…、
と自分のこと再発見につながりました。
なくてもいいんですけどね、
全部の本がなかったら物足りないな、っていう…。


本の感想ですけど、
思いのほか、よかったです。
『忘れないでいてくれ』よりよかったかも。


なんといっても、攻めの櫻木が、
「セックスは義務」とか思ってるような、恋愛については
淡白な人なので、彼をその気にさせるのはどうしたら…
と思うほど。


なので、受けと一緒に、切ない思いをさせていただきました。
もちろん、最後は幸せになれるので、ご安心を。


何度もいってるけど、
こういう、人の心の変わるところというのを
読むのが好きです。


あるときふと、「好きだ」って思った、とかじゃなくて、
エピソードをひとつひとつ重ねていって、
だんだん、気持ちが変わってきて、最後、崩れる、
という、裏打ちのある気持ちの変遷が好きです。


そういうのを満足させてもらったなって思います。









2013/02/22 14:47 BL小説 夜光花 TB(0) CM(2)
さっき、帰ってきてポストをのぞいて、びっくり!!
去年2月かそのあたりで書いたお手紙への返信が
来てました。


中は、ポストカードと、
一言メッセージ。
いやーん。うれしい。
暁人さま、かわいい…。

hidakashokootegami.jpg



ポストカードの裏面に、2013年は連載中の二つに集中して、
4月に『花は咲くか4』を、秋までには『憂鬱な朝5』を、
と書いてありました。


楽しみに待ちたいと思います♪



フェア・ゲーム (モノクローム・ロマンス) (ディアプラス文庫)

内容紹介
元FBI特別捜査官で現在は大学で歴史を教えるエリオットの元に、失踪した学生の捜索依頼が持ち込まれた。
捜査協力にあたる担当捜査官を前にしたエリオットは動揺を隠せなかった。
そこには一番会いたくない、けれど決して忘れられない男、タッカーの姿があった。
タッカーはかつてのエリオットの同僚で恋人。
17ヵ月前、膝を砕かれ失意の底に沈んでいたエリオットに、冷たく背を向けた男??。

シアトルの大学を舞台に繰り広げられる、甘く激しい男たちのミステリー・ロマンス。
男たちの熱く狂おしい恋愛を描くモノクローム・ロマンス、第一弾!!




海外BL文庫の第一弾、ということで、微妙にドキドキしながら読みました。
つまらなかったどうしよう…と思って。
でも杞憂に終わりました。


おもしろかったです。
昨晩、夜中に目が覚めて、2~3時間弱かけて読んじゃいました。
(けっこう時間がかかった)


普通にミステリーとしておもしろい。
だれなの、犯人はだれなの、だれなの!って思いながら
読むので、途中でやめることはできず。


そこにBL臭どころか、BL味が加味されてくるので、
やめられませんね。


でもびっくりしたのは、主人公はどうやら周囲にゲイであることを
カミングアウトしていて、それで受け入れられていること。
相手はFBIの人なんだけど、FBIとか警察とか軍って
ゲイはいても、公言できない世界の気がするので、
そこのところ、本当はどうなのかなって思いました。


昔よく読んだ海外ゲイものに出てくる、
ゲイフォビアみたいのがまったくなくて、
あたたかく受け入れられていて。
(あ、よく考えたらそういうお父さんが一人出てたけど)


日本のBLだと「いかに世間にゲイであることを隠すか」あたり
の心の揺れも、恋のドキドキの重要なスパイスになってくるので、
そういう葛藤がないので、大丈夫なのかしら、と心配になりつつ、
こういうあたたかい世界はいいなあ、と思いました。
何度も言うけど、本当はどうなんだろう。


まあ、いろんな人がいるから、あたたかい人もいれば、
そうでない人もいるんだろうけど、あたたかい雰囲気だけに
なっていたのは、もしかしてある程度ファンタジーなのかも。


で、主人公二人の関係はとってもよかったです。
恋い焦がれちゃう気持ちはとめられないですね!
主人公はツンデレで、なかなか素直に気持ちを出さないんだけど、
そこを相手はうまく汲んでくれたり。
犬っぽい相手でした。いいヤツって感じで。


受けの、
「ああ、そこ、もう一度―」とかはあっちっぽい。
日本のは、「いや、ダメ!」が定石ですよね。
色っぽいシーンを色っぽく感じなかったどうしよう、
とかそれまた心配だったのですが、杞憂に終わりました。
(どんだけ心配してたんだ、っていう)


いい感じです↓

「俺もおまえの中に入りたいよ。ほとんど毎週、夢を見た。
おまえの中で動くときの感覚――きつく、俺を離そうとしない
おまえの体と――あの、まるで、自分の中に俺がいるのが信じられないみたいに
おまえが立てる声――」




おもしろかったです。
しかし、もう1冊のほうは買ってない。
どうしよう。
おもしろくなかったらどうしよう…。
(まだ心配している、という)



2013/02/19 11:56 BL洋書・翻訳物 TB(0) CM(0)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ