男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
木原さんの夏コミ新刊を読めるまで、五條瑛の革命シリーズでお茶を濁そう…
と思っていたけど、思いのほかおもしろくってずぶずぶはまりまくっています。
が、これ、7巻までしか出ていないのですね。
10巻完結ですよね。まだ終わってないんだー、続き読みたいってところで
終わっちゃうんだー、と思うとちょっと残念。

でも今はとてもやめられません。
今日は3巻まで読んじゃったので、明日図書館に行って、4巻・6巻を借りる予定。
(5巻はすでに借りてある。7巻は予約済み…だけど読めるのは何か月先だろうか…)

感想はまず2巻から。
紫嵐―Violet Storm
春風の中、居場所を見つけられぬまま彷徨う鳩に、すみれは手をさしのべ、そして言った。この国に嵐を起こそう、と-。『小説推理』連載に加筆・訂正を加えて単行本化。「革命小説」シリーズ第2弾。

第2巻の主人公はポル・ポト政権の虐殺から生き延びたカンボジア難民・鳩。
あらすじには「鳩とすみれが云々~」とありました。
すみれ…女か。ちッ。
なんて思っていましたが、読み進んでいるうちにすみれが男の子であることが判明。
俄然、やる気が出ました。

しかし、このすみれ。食わせ物です。
サーシャに見込まれて、北朝鮮から逃れてきた子なんだけど、
主人公の鳩を存在感でくってる。近いうちに立場が逆転するだろう、って鳩自身もわかってるけど、
もう最初から逆転してるかも…。

今回の注目のホモは、鳩をいいように扱おうとした中華系のヤクザ、嘉瀬とその犬の一紀。
一紀は狂犬のようだけど、嘉瀬にだけは気を許した笑顔を見せ、絶対忠誠を誓う。
そして、「嘉瀬の犬」と呼ばれることを喜ぶのです。

鳩が、こんな一紀をいったい嘉瀬はどうやっててなづけたのか、と一瞬考えるシーンが
あるのですが、そう、それですよ!いったいどうやっててなづけたんですか。
ぜひ知りたい。

まあ、そんなこんななお話でしたが、今回も、一体誰が味方なの!と息をもつかせぬ
展開でぐいぐいひっぱっていかれて、大変おもしろかったです。
そしてカンボジアからの難民のおかれている苦しい状況なども描かれていて、
日本人というだけで恵まれている環境ってあるんだなんて思わされました。

2008/08/19 21:17 BL要素あり 一般文芸 TB(0) CM(2)
すっごく面白かった。一気に読んじゃった。
おかげで子供ほったらかし。いけない、五條瑛ったら…。

断鎖"Escape"
「革命を起こさないか、この国に」。男はいとも簡単にそういった。謎の男が亮司に囁く新しい戦いの方法とは…。『小説推理』に連載されたものに加筆、訂正を加えた「革命小説」シリーズ第一弾。

主人公亮司は、偽造パスポートを作って密入国者を斡旋する会社で働いています。
犯罪の片棒を担ぐような仕事ではあっても、親から自由でいられるというだけで、
亮司は満足した日々を過ごしていたけれど、ある日突然、その会社の関連した場所が
何者かに襲われます。
そして亮司には謎の男”サーシャ”(長身・美形)が現れてとある仕事を依頼してきます。

亮司の周りで起こる出来事、誰が味方かわからない状況にハラハラ。
中でも、親身に亮司のことを心配してくれる大川という優しい同僚がツボにヒット。
モグリの医者に、大川は悪い男に好かれるタイプで、蛇みたいに執念深い男に逃げても逃げても追いかけられている、というようなことをいわれてました。

おお、こんなところに執着が!

と思って大川関連をじっくり読んでいると、あとで、大川のシャツからコロンの香りが
するシーンがあるんですよね。コロンなんてつけない大川が、残り香が着くほど
何かされたってわけです。
たまらん…。
しかも大川は、かつて拷問された経験から痛みにすっごく弱い。
蛇みたいに執念深い男は、きっと痛みを与えていつも大川を自分の思い通りにしていて、
でも二人の間には離れることのできない絆(大川からしたら諦めかも)があるのかな、
なんて想像して楽しくなりました。

さて、この革命シリーズ、10巻まであるそう(すでに出ているのかはよく知らない)。
今後ホモは出てくるのか!

そのあたりを中心に、読み進めたいと思います。
2008/08/18 18:02 BL要素あり 一般文芸 TB(0) CM(0)
木原音瀬『美しいこと』の続編小冊子『愛すること』が、8月8日に、やっと届きました。

郵便事故でどっかに行ってしまったのではないか、
メール便でポストに入らなくて持って帰ったのに不在連絡表が行方不明になったのではないか、とか、
そりゃいろいろ心配しました。心配性なもので。

あけて見ると、けっこうしっかりした大きさの小冊子。
表紙が素敵! 日高ショーコさんのきれいな絵で、寛末が松岡に腕枕して目を合わせてます。

4ヶ月の息子がばぶばぶ起きてましたが、ひとまずおきにいりのボールを渡して、泣かないでね、と頼む。
くはー、たまらん、と読み出しましたが、ほんとたまらなかった。

『美しいこと』で、初エッチ後で終わってたので、次の週からをそりゃもういろいろ妄想してたんですよね。
家がわからないはずだから東京駅まで迎えに行くか、最寄の駅まで迎えに行くか、もしくは寛末が待ちきれずに松岡の会社のそばの喫茶店とかで待ってたりして…とか。
やっぱ、松岡の家に着いたら即、後ろから抱きしめてこう、キスしてなだれ込むのよね!とか。
で、そのうち絶対フェ○するよね、とか(だって松岡は男である自分を気にしてるわけだから、その心配を払拭するようなことが必要ってことで)。
最終的には一緒に住んで、でも職場はいくらなんでも松岡が最初に世話しようとした先輩のところはもうムリだよね…、とか。

そのような妄想をすべてカタチにしていただいて大満足です。

ひとつ、満足できないとすれば、それは寛末。
なんで、この人って、こうなんだろう。
もうちょっと、松岡に気を使ってやってよ、「怒らないから言って」という前にまず自分の行動を謝りなさいよと、またもや寛末の行動に泣かされた松岡のシーンで思ったのでした。



=======追記
2010年9月15日から、電子書籍で読めるようになってます☆
840円です。
オークションに比べたら安いけど、
73ページなのに、普通の書籍以上…。
プレミアつきってことですね。




下記にて、配信中です。
パピレス

ebook Japan 

ラブコミ

人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ