男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
最近おもしろいBLがないなあー、といっていたところに、
久々のヒット作。
余韻の残る作品に出会いました。

恋愛犯―LOVE HOLIC (花丸文庫BLACK ナ 1-1)』凪良ゆう
季節が夏に向かうとある日、日永望は街中で高校時代のクラスメイト、勢田春人を偶然に見かけた。声をかけた瞬間、勢田は歩道橋から落下し、なんと記憶を失ってしまう。そんな勢田を日永は自分のマンションへ引き取るが、なぜか彼の過去を説明しようとはしない。実は日永には、勢田をストーカーしたという過去があったのだ。ゆがんだ過去を封印したまま、二人の奇妙な同居生活が始まったのだが…!? 罪にも似た妄執は、はたして本当の愛となり得るのだろうか? 期待の新鋭作家がおおくりする超問題作、新レーベルで堂々の登場!


何がいいって、主人公・日永(攻め)の激しさ。
興味があるのはバイオリンを弾くことと、勢田(受け)のことだけ。
それ以外は何も誰も目に入ってきません。

高校2年で勢田に出会って夢中になって、
ストーカーして警察沙汰になり、勢田をいじめた同級生を半殺しにして
家族に絶縁されて…。ちょっと普通じゃない。
こんな人に好かれたら大変だけど、こんな必死な愛し方というのは悪くない。

途中、切なかったです。
視点は最初から最後まで日永なんだけど、彼は自分のことを頭が悪いと思っていて、
勢田の気持ちがわからないから、頭がよければよかった、と思うところとか。
今まで彼は、勉強ができなくても、家族に縁を切られても、何も気にしてこなかった。
でも勢田を理解するために、「頭がよければよかった」と思うのです。切ない…。

でも思いが通じたら甘くって。まあ、もうちょっと甘くないままでもよいくらいだったけど。
日永のそれまでの孤独が、後を引く…。


作家さんは新人さんのよう。これは2作目だそうで、私が読むのは初めて。
エルゴを買いに行ったらつい、新レーベルで出てたというのと、
きれい目の絵と、最初の2ページほどの文章を確認して(バカっぽい&軽すぎる文章は好きじゃない)
買ってしまったけど、正解でした。
ちょっと、コノハラさんっぽい感じ。深さがちがうけど(失礼…)。今後に期待です。


問題は…、1作目の『花嫁はマリッジブルー』を買うかどうか、ということ。
「花嫁」とか、私の趣味から離れているの…。
どーしましょ。


2008/06/14 07:31 BL小説 凪良ゆう TB(1) CM(4)
私、子育てブログはライブドアブログを使ってますが、
ライブドアってばテンプレートに「ボーイズラブ」なるものを登場させてます。
しかも目立つように宣伝してましたよ。


イ・ヤ~。びっくり~。
BLってすごいですね。


話のネタに使いたいけど、リアルワールドでは
夫にしかカミングアウトしてないので、そんなテンプレートは使えない~。
まあ、いいんですが。


リアルといえば、夫の友人に非常に漫画好きの人がいます。
どれくらい好きかというと、手塚治虫全集を買ってしまうくらい。
講談社から、20万くらいでしたっけ、出ているようです。


その彼とは前から漫画の貸し借りをしていて、彼は
花とゆめ系がけっこう好きらしくって、「この人BLいけるんじゃないか」と
思ってはいたのですが、
あるとき、「ボーイズラブって知ってる?」なんていってダ・ヴィンチの
特集を持ってきたんですよね。
しかもよしながふみの「ジェラールとジャック」を読んだらしく、よかったと。


「知っているどころか、好きだよ~」と思わず言ってしまい、そのときに
今市子の「楽園まであともうちょっと」と、水城せとなの「窮鼠はチーズの夢を見る」
を貸したのです。


今市子はおもしろかったけど、「窮鼠~」はいまいちだったな、なんて言って
返してきましたがね。彼は、はまるまではいかないのかなあ。
はまってくれると楽しかったのですけどね。
2008/06/04 11:53 雑記 TB(0) CM(2)
昨日車を運転していたら、前の車のナンバーが「69・48」でした。

それを指摘して、「狙ってるよねー」と夫に言ったら、
彼はしばらく考えて、「何が?」と言うのです。
しかもわからないことにどきどきしているらしい反応。
どう思います?

「69」という数字を見たら「シックスティナイ○」、「48」という数字を見たら
「四十八手」にすぐ結びつかないのが普通なんですか?


さて、木原さんの新刊です。
NOW HERE (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)』木原音瀬

~嘘も真実になることがある。… 遊びで中年男に手を出した福山の場合は?~

朝目覚めると、福山の隣で冴えない中年の男が眠っていた。
酒に酔ったいつもの流れで男をお持ち帰りしたのだ。
みずぼらしい男の顔には見覚えがあった。
男は福山の勤める会社の上司だった …。


51歳のオヤジが受け。
アマゾンで表紙を見たときから、そのオヤジのリアルさに「ププッ」と
笑っていましたが、中の挿絵もオヤジらしいオヤジ。
すばらしいですね、挿絵の鈴木ツタさんは。

攻めは31歳。福山さんです。
私の中で「福山さん」といえば、もうそりゃ、福山マサハルさんしかいません。
彼はいつまでたってもかっこいいですねー。
というわけで、福山さんを思い浮かべながら読ませていただきました。

攻めの福山目線で書かれているのですが、最初はこわいもの見たさのような
軽い気持ち(ヒドイ!)で51歳と付き合っているのにだんだん自分がのめりこんでいくところが
とってもよかったです。

受けも攻めも、今回の恋を通して成長した模様。
仁賀奈は好きな人に好きといえるようになり、福山は最初相手のことを「恥ずかしくてみせられない」
と言っていたのに、最後にはバーに連れて行ってみせびらかすようにいちゃいちゃしたり、
見てくれよりも大事なものに気づいたようです。

もとは同人誌で連載していたもので、受けに振られたところで終わっていたので、
今回ハッピーエンドでほっとしました。

欲を言えば、仁賀奈視点から、福山に気持ちを奪われていく様子を読みたかったな。
でもま、そこは想像力で補うのがいいのかもしれません。

人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ