男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
木原さん以外の書いたもので、久々に「永久保存版にしたい!」と思えるものに出会った。
最近の本ではないのですでに読んでいる方は何をいまさら…という感じだろうけど、ああ、こんなおもしろいのを今まで知らなかったなんて…! こういう感動がときどきあるから、BL漁りはやめられない…。

主人公二人が、最初は同期でライバルでいけすかないとお互い思っていた二人が、最後は相手を大事に思う関係にまで変化する。
その心情の変化が違和感なく描かれて、かつ出世街道をひた走る男たちのギリギリっぷりがたまらなく魅力的だった。


かわいゆみこ
疵(スキャンダル)―冷たい指

若きエリート官僚として順調にキャリアを積む桐原と、同期でライバルの司馬。頂点を目指す二人だが、それは弱音を吐くこともできない孤独な闘いだった。しかし桐原に大きな挫折が訪れた時、彼が身も心もゆだねられたのは―。大蔵省を舞台に、人気絶頂のかわいゆみこが描く衝撃の官僚ハードロマンス、雑誌掲載作に大幅加筆しての登場。

大蔵省。時代を感じるが、今の財務省である。
第1冊目は、桐原がギリギリの状態のとき、たまたま居合わせた司馬と体の関係を持ってしまう、というところ。
このギリギリさがよくて、こんな状況になったらそりゃ死にたくもなるよね…というひどさ。まあ、最初から出世のために結婚も考えているような生き方に問題はあったにせよ…。

桐原と司馬の心は通じ合っていないので、まだまだこれから。
けどもこの1冊を読んで「続きが読みたい!」と思ったのは、ハンサムで自信にあふれた司馬と、聖職者のような声をもつ桐原が魅力的で、今後の二人の葛藤を読みたいと思ったから。
そしてまた、仕事でも家庭でも追い詰められていく桐原が、私のS心を刺激したから…(え?)

疵“スキャンダル”―いばらの冠

大蔵省の若きエリート・桐原は、初めての大きな挫折に心身ともに追いつめられていた。そんな彼を偶然救った同期の司馬は、ライバルである桐原との関係をこれ以上深めまいとする。しかし、思いがけず桐原が見せる脆さ、危うさに惑わされ―。衝撃の官僚ハードロマンス、小b掲載作を大幅加筆修正した決定版。

あらすじが第1作目と似ていて、わかりにくい…。でもまあこれが2作目。

家庭からの息抜きの場所がほしかった桐原は、職場そばに部屋を借り、その保証人になってくれるよう司馬に頼む。
司馬は保証人になったのだからと勝手に合鍵を作っていりびたるようになる…。まあ忙しいからいりびたるといっても月何回か、くらいなのだが。勝手に鍵を作るのは、犯罪だよねえ…。

それはともかく。
部屋で二人で座っているとき、司馬が桐原の脚をつまさきで突っつくのがエロい。そこからのエッチはよかった…。
「教えてやる。これが後背位(バック)だ…」

ルビは「バック」で。

それから、桐原の冷え切った手を握って、足先を脚の間にはさんであたためてやる司馬には桐原への愛情をものすごく感じた。
「大サービスなんだからな」
とわざわざ断っているのもかわいい。
お互い好きだなんて思っていないけど、行動のはしばしに、相手の存在が大きくなりつつあることが伺える。すごくうまい。



疵(スキャンダル)―氷点下の恋
司馬を裏切り、望む地位を手に入れた桐原だが、司馬に去られた喪失感には身も心も打ちのめされていた。そんな不器用な桐原の生き方を理解した司馬は、愛を自覚し、再び彼のもとに戻る。身体だけの関係を続けながらも、それだけではない何かを感じ始めた二人は──。雑誌掲載作に大幅加筆の決定版で登場! 絶好調、衝撃の官僚ハードロマンス!!

こっちのあらすじもわかりにくい。実際司馬を裏切ったのは2巻目。3巻目では、司馬が戻ってきたあとからスタート。でも、でも、また別の理由で、司馬との関係がおわってしまうのだけど。

これは切ない…。シリーズ中でいちばん切ない。
桐原にとって司馬の存在はますます大きくなってきている。けれど、息子と暮らしたいあまり、もう愛情を持っていない妻からの復縁話をのんだ司馬は、桐原のもとを去ってしまう。
桐原の孤独が伝わってくる。
家庭には居場所がなくて、いやでたまらない篠田との関係はまだ続いていて、何のためにこの出世階段を上っていたのだろう…と。

そしてわかれたあとなのに、巻末の書き下ろしは、二人がよりを戻して、桐原がすっかり司馬とのキスに夢中になっているときを描く。
桐原が、司馬にもっと手を握っていてほしかった、なんて甘い感情を持っているので、別れることを知っている身としては、せつなさ二乗。


疵(スキャンダル)―篭の中には青い鳥
大蔵省エリート官僚として順調な人生を歩んでいたはずの桐原と司馬。だが悦楽だけだった二人の関係を清算した時、互いの存在が、自分の生き方や愛情に大きな変化をもたらしていたことに気づく。何かを失い、何かを得た二人が、最後に求めるものは……。 人気沸騰の疵〈スキャンダル〉シリーズ、大量加筆とともに感動のクライマックス!

最終巻。
桐原が、人間らしい感情と人への思いやりを身につけていく。
妻とも和解し、自分を傷つけて去っていった司馬を憎むでもなく、司馬を好きであることを自分の中で認める。これは最初のころの桐原からは想像のできない変化である。司馬は司馬で、桐原の愛情を感じ、それに応えたい、と思うようになる。

穏やかなハッピーエンドだった。
もっと精神をすり減らすギリギリのせめぎあいを…! と思う部分もちょっとあった。エッチも穏やかだったしな…。
でもまあそれは主人公たちが成長したあかしでもあり、こういう穏やかな変化もいいのかもしれない。


『スキャンダル』というタイトルで少々敬遠したい気持ちがあり、今頃読むことになったのだが、とくにスキャンダルというほど公に何かまずいことが知られてしまったりするわけではなかった。
そういう世間相手、って重いテーマになってくるので、それがなくてよかった。

このシリーズのキーワードはギリギリ&プライド。
2巻と3巻の痛い中での甘さが最高だった。
かっこいい二人だった。



追記
2010年に、文庫版が出ています。
書下ろしとか、あるのかなあ…。
ちょっと気になりつつ、そのままに…
2007/01/31 05:48 BL小説 かわい有美子 TB(0) CM(4)
金曜日は都内の事務所に出張だった。

お昼過ぎに主任と現地で待ち合わせる予定だったのだが、主任が突然「お昼にメイド喫茶に行けば?」と言い出すのでびっくりした。

私はそういうの(オタク風全般)に興味があると思われているんだろうかとどきどきしつつ、「一緒に行ってくれるなら行きますけど」と言ったら「いやだ」と言われた。

話を聞いてみたら、事務所のそばにメイド喫茶があって、先日事務所の女の子がふつうの喫茶店だと思って入ってしまったらしい。でメイドさんに驚かれたというようなことを主任に話した、という伏線があったようだった。

メイド喫茶にはちょっとだけ興味がある。執事喫茶には遠くおよばないけど、どんなものか一度体験はしてみたかった。でも、一人で行く勇気はないし、スタバでいっか、と思ったらお昼時、立って飲んでいる人がいるほど込んでいた。タリーズも同様。そばやには行列ができているし、そうしたらメイド喫茶ならすいているんじゃないか、なんて思ってついフラフラといってしまった。

メイド喫茶はビルの2階にあって、入り口には看板が出ていた。「スーツでご来店の方には、生ビール500円」とかある。女性は歓迎されないのかなと思いつつもよく見ると「女性の方大歓迎」ともあったのでちょっと安心しつつ階段を上った。

あけたら、メイドさんに、「少々お待ちください」と言われた。そして外で待つこと3分。
お会計をしていたらしき人を帰してからお出迎えしたかったらしい。中に入ると、お店のつくり自体はお金のかかってないことがひとめでわかるようなもので、狭くて、いる人がよくわかる。

仕事のお昼休みらしき普通っぽいスーツの男性が2人と、見るからにオタクらしきあやしいオーラを発散する2人組。
この2人組の一人は会話中に寝てしまうのだ。で、相手が、「ねえ、大丈夫? 大丈夫?」と聞くのを繰り返している…。

そんな人たちに挟まれて、お昼を食べた。チキンピラフならまあ、冷凍ものだとしても外れはないだろうと頼んだけど、その日は置いてないといわれ、結局ボンゴレに。いかにも袋から出しました、という味だった。

メイド喫茶といっても、単にウェイトレスさんがメイドの格好をして、ちょっとだけ応対がていねい、というだけだった。
メイドさんはミニスカートでスカートの下から見えるブルマ(?)のフリルがかわいかったけど、感動はなかった。
お店に入るとき、「お帰りなさい、ご主人様」というらしいよ、と主任が言っていたけど、それもなし。
まあ、当初の目的、ゆっくり食べられるお店に入る、は達成できたからよしとするけど、もう行かない…。


話は変わって、この主任、けっこう態度がむかつくときがある。
言葉が少ないので、ぴしっと言い切られると、自分のだめさを実感して心が痛かったりするのだ。
そういうとき、私は主任と課長を心の中でホモにしてやる。
現実の人をどうこう、というのは普段しないけど、ずいぶん前の部署間会議に出ていたとき、ふと出席者の顔を見てみたら、うちの主任と課長が一番男前だった。

ほかの部の主任たちはなんだか非常に暑苦しい顔の中、うちの主任と課長は目と鼻と口があるべき場所にあるべき形でついた涼しげな顔…。しかもこの2人は、かつて別の場所でも上司と部下だったことがあり、転任初日から、「いこっか」「はい」という短いやりとりでお昼に出ていった。それ以来、いつも2人でお昼を食べに行っている。この部署に主任を呼んだのは課長なんだろう、と思う。

話がつながらないが、むかつくことがあると、「くっそう、脳内ホモにしたててやる」と思うと、少しすっきりする。さらに、「攻めはやっぱりどう考えても主任だ。あの意地悪さを課長にも発揮して、アンアン言わすんだ」とか考え出すと逆に楽しくなってくる。
BL変換もあながち捨てたものじゃない、と思う今日この頃なのである。
2007/01/29 06:17 雑記 TB(0) CM(12)
志水ゆきさんの『是-ZE-』4巻を読んだ際、玄間×氷見編の最後がちょっと変わっているんじゃないか…と書いた。

先日切抜きの整理をしていたら、ちゃんと切り抜いてとっておいたことが判明。自分をほめつつ見てみると、やっぱり変わってた!

雑誌では2ページでまとめられていた「それからもうひとつ、知っているか?」からは、雑誌では2ページでまとめられていたけど、単行本では8ページに増えている。

それで、紺くんが、「雷蔵が死んだら泣くと思う」といった場面がもっとしっかり書き込まれて、「泣く」→「紙様としての生命(?)の終わり」、つまり雷蔵が死んだら自分も白紙に戻る、という紺くんの愛情がわかりやすくなっている。

たしかにここのところ、雑誌で読んだときちょっと意味がとりづらい部分があって読み返したりした。けども単行本ではすんなり読めたから、変わったのかなという印象を受けたのだけど、それはまちがいではなかったのだな。

少しでも作品をよくしようというプロ意識を見た気がした。
2007/01/25 12:46 BLコミック 志水ゆき TB(0) CM(4)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ