男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
さ、来ましたよー。
ひきこもりの鳥井とその友人、坂木のお話。
鳥井×坂木か、坂木×鳥井か悩むところではありますが、身長の高さおよび鳥井の精神がときどき子供レベルに落ち込むことから坂木×鳥井で行きたいと思います。

1作目の『青空の卵』(感想はこちら)に続いて2作目は、『仔羊の巣』です。
僕、坂木司とひきこもりの友人、鳥井真一との間にも、変化の兆しはゆっくりと、だが確実に訪れていた。やがていつの日か、友が開かれた世界に向かって飛び立っていくのではないか、という予感が、僕の心を悩ませる。そんな僕の同僚、吉成から同期の佐久間恭子の様子が最近おかしい、と相談されて…?
しょっぱなから坂木は鳥井を失うことを恐れています。友人の滝本に「お前は鳥井を独り立ちさせるために、あいつを突き放すことができるのか?」と聞かれて、「できる」と言います。でも、そのときがくることを想像しただけで涙が出てきてしまうのです。そして、鳥居は、滝本が坂木を泣かせた、と滝本を責めるのです。そんな鳥井を見て、坂木は思います。

どうしたらいいんだろう。
こんなにまっすぐに僕のことだけを見てくれる彼を。
ぶつけられた気持ちの熱さを。
滝本には、嘘をついた。
僕は、鳥井と違ってうそつきだから、こんなことは平気なんだ。
僕はやはり、この生き物をを手放すことなどできない。

まあ、そんなことがありながらも、日常に潜む謎を鳥井がといていくわけです。

そして物語はシリーズ最後の『動物園の鳥』へと続きます。
いつもは1冊になぞがいくつもあるのですが、最後だけは長編でお話はひとつでした。鳥井が引きこもりになった直接の原因の同級生が出てきます。坂木だけでなく私まで、やつが鳥井に再び悪影響を与えるのじゃないかと心配してしまいました。

さて、この3冊目、奥付のあとに、シークレットトラックがあるんです。見逃さないでくださいね。私はかなり危うかった…。本編の最後、坂木が鳥井を突き放した続きが載っています。
そう、坂木はとうとう鳥井に独り立ちを促すんです…!

これを読むのと読まないのじゃ全然ちがう。まあ、想像通りであるとはいえ。まったく凝った仕掛けをしてくれたものです。

なんだかんだいって、この二人は近い距離を保ちながらいきていくんだと思います。坂木が鳥井の顔をみて、いい顔だけどキスはできない、と思うシーンがあったけれど、でもきっといつか、酔ったはずみでホニャララしちゃうかもしれないわね、ムフ、と想像しながら本を閉じました。
2006/04/24 19:47 妄想読書 TB(0) CM(0)
今日、高校の同級生に池袋で会う用事があったので、初めて乙女ロードなる場所へと足を踏み入れてみました。

まずは、K-BOOKSコミック館へ。
同人誌のコーナーではジャンル分け自体の意味がわからず、結局梅太郎さんのを1冊と藤たまきさんのを2冊買ったっきり。
もう少し研究せねばいけません。

次にまんだらけへ。
ここでは中古の商業誌を何冊か買いました。思ったより、狭かったです。
最初はどきどきしたのですが、「結局みんなお仲間ねー」と思ったらふつうの本屋より楽しく物色できました。
でもここ、入り口のところに、男性がひとり立っていて、入っていく人をいちいちじろじろ、にやにやしながら見ていたのです。出たときもいました。なんだったんだろう、あの人。

それにしても…日曜日の昼だったからか、年齢層が若かったです。ときどき社会人らしき人がいて安心しましたが。平日はまたちがう年齢層の人がいるんでしょうか。

待ち合わせの時間もせまってきたので2軒だけで戻ってきてしまったのですが…、噂の執事喫茶はK-BOOKSのそばにあったんですね。ってか、同じ建物?? せめて外でも見てくればよかった。
おまけに私、リブロのところから入って行って、そのまままんだらけ方面に進んだのですよね。逆方面にもお店があったのに、そっちは足を踏み入れもしませんでした。もったいなかった…。

まあ、また来月行くので、そのときにふらふらしてこようかしら。
2006/04/23 21:43 雑記 TB(0) CM(2)
ご投票いただいた方々、ありがとうございました!
30票くらい入るかな~、という予想どおり、32票でした。
おしりの穴のときの51票と比べると、やはり興味の度合いが薄れるかなあ、と(笑)。

さ、投票結果です。
1位 アマゾン 13票

・一番揃っているイメージがあります…
・ブログで使っている本の画像がアマゾンのものなので、手軽に飛んで、そのままアマゾンで買っちゃいます。どこで買ってもいいんですけど、なんとなくアマゾン派。
・bk1の早売りに心惹かれつつ慣れたアマゾンでポチッとな。

在庫量、慣れ、大きいですよねー。


2位 セブンアンドワイ 8票

・現金決済の安心感とが到着を自宅で待つのがめんどうなので。
・セブンイレブンで受け取れば、送料も手数料もかからないので、よく使ってます。

セブンイレブンが近くにありさえすれば、確かにいいかも。1冊買っても送料も手数料もかからないのはお手軽ですよね。


3位 ビーケーワン 5票

・自分で買ってもポイントが付くので・・・

ブリーダープログラムだと、3%付きますよね。

4位 楽天ブックス 1票

その他

・海外なのでクラブジャパンということろを。会社がそこを使えというので。。。
・近所の本屋にないときはe-honを利用します。私がよく利用する本屋で受け取ればポイントもつくし、配送料もタダなので。
・ネットオフ,古本市場を利用しています。


なぜ会社がクラブジャパンを指定するのかが気になりました。提携を結んでいるとかでしょうか?? 海外は送料が高いですよね。あまり買わないようにしているとか、しているのでしょうか。
e-honさんにはMy書店という制度があって、登録しておいてそこで受け取れば送料はかからないんですねー。近くに本屋さんがある場合には、いいかも。


ご意見ありがとうございました。参考になりました!
次はオンラインで古本を買うときにどんなところを使っているかが知りたいな。イーブックオフ、古本市場、アマゾンマーケットプレイス、オークションサイトあたりでしょうか。
2006/04/22 12:41 雑記 TB(0) CM(2)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ