男同士の愛に目覚めて20余年。2年前からM/M洋書にはまってます。今はドラマskamに激はまり中。
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
あの日、制服で

あの日、制服で



中村明日美子『あの日、制服で』


卒業式で告白されて5年。飲み会で再会したアイツの薬指には指輪があった。
「てかお前、俺のこと好きとか言ってなかったっけ」俺の言葉にアイツの表情は揺らぎ……。
心が震えるほどの感動と痛み、青春の輝きと影を描いた、十代の恋にまつわる6編のオムニバス。



オムニバスって短編集とちがうんだっけ、と調べてみたら
「いくつかの独立したストーリーを並べて全体で一つの作品としたもの」
とあった。


なるほど!
いわれてみれば…。
短いお話が6本入ってるのだけど、全部制服を着た子たちが
主人公になっている。
一つだけ、卒業式のシーンでスタートした社会人の話があるけど、
それもスタート地点は制服。
制服つながりで、1本のまとまりになったお話ってことなんだわ。
(ってその通りのタイトルだった)


6本中、3本はどっちかというと、うまくいかないお話。
ちょっと悲しい。
でも3本はうまくいってよかった。
最後の最後で、もう1本もうまくいきそうな予感がした。
中村明日美子さんの漫画の印象は、ストーリーのためならキャラが不幸せにもなる、
という感じなんで、最初はちょっと恐る恐る読んでしまった。
(バッドエンドが読みたいときと読みたくない時がある。今は読みたくないとき)


絵が、耽美派って呼ばれた時代っぽい絵なんで、よけい悲しい。
その絵の子たちが今風にやんちゃにしていると案外かわいいんだけど、
私はやっぱりこの絵はちょっと…気持ち悪いときがある。
『同級生』とかは好きだったけども。
今回はあまりはまらなかった。





中村明日美子『O.B.2』



色あせずに残る、青春の日々。


『同級生』『卒業生』の草壁と佐条、『空と原』のハラセンとソラノ、その他、
コマっちゃんや有坂&響など、〈同級生シリーズ〉を彩る魅力的なキャラたちの
"その後"を描いた待望の続編『O.B.』が、2冊同時で堂々の完結!!

【収録作品】
・後編<有坂と響>
・<草壁と佐条>
・<空乃とフジノ>
・<原と空乃>
・<光と利人>





・後編<有坂と響>
響が高校を卒業して3年たっているようなので、
20~21歳なのかしら。
でも、やったことがないなんて!!
泊まったことがない=やったことがない、と理解したけど…、
どうなんだろう?
でもこの有坂先生が、そのへんのホテルに入るとも
考えられないから…。


お話の一番最後に、泊まっていい、というお許しが出たので、
響のために、ほんとよかった!
過去、高校生の響が、有坂への想いを募らせていって、
卒業前にプリンを持って行って泣くシーンにもらいなき。



・<空乃とフジノ>

フジノって、誰だっけ…、とすっかり忘れていました。
『空と原』で、最初に空乃が好きだった、中学の時の同級生の
野球をやっている男の子でした。


彼が、就職して、会社で気になる女の子が
空乃のサインをほしいというので(空乃はモデルをやっているらしい)、
久々に空乃を呼び出して、サインをもらって…、という話。


前の話ではわからなかった、空乃のフジノへの
恋のきれっぱしが見えます。




・<原と空乃>

実は、この二人のを、私は一番読みたかった…!!
ハラセンは絶対、受けてるに決まってる!ってのを
見たかったから。


なのに、なのに、まだどちらがマウントポジションを
とるか、争ってる…!!
正直、ショックですよ。
空乃の話によると、ハラセンは高校3年間はもちろん、
卒業して2年間もやらせてくれてなくて…、つまり
二人はまだ清い間柄。


けど、お話の最後で、ハラセンが
「お前がいてよかったよ お前が いてくれて」
と空乃を抱きしめて言うので、自分の幸せをあまり追おうと
しないハラセンが、恥ずかしさとかそういうのを超えて、
この夜は空乃と抱き合うであろうと確信しました(下世話)。


お話自体は、ハラセンが、70歳の父親に、
自分の性癖を言うか言わないかで揺れる、
そんなお話で、重いのですが。
だからこそ、そばに、横に、空乃がいて、
ハラセンのために、よかったなーって思いました。



・<光と利人>
<草壁と佐条>が、光と利人、という関係になったということ。
『同級生』読み返して、今更ですが、
リヒト=光という意味であり、二人の名前は
同じ「光」ってことなんだということに気づく。
そして、「20歳になったら結婚してください」
がまた…。


ほんとに、二人とも幸せそうで、よかった!



何組もカップルが出てきたけど、(コマノ以外は)、
傍に相手の存在があってよかったと、それぞれ皆が
かみしめていて、愛があって、よかったな、と思いました。


けどそれは再読して思ったこと。
1回目は、「え、この人たち、まだ!」「え、この人たちも!」
という驚きでいっぱいでした(汗)。


中村明日美子先生のあとがきにもジーンときました。


君がそばにいて すこしだけ心づよくなる

出会って 好きになって たしかめあって
手をつないで 歩いてゆこうと
心にきめて

この先いろいろと
心が傷ついたり よろめいたりするのだろうけおdも
きっと大丈夫だと
つないだ手を つよくにぎる。

そういう話です。





2巻のカバーをとると、表はハラセン、裏は空乃が
読者に手を振っています。
バイバイ、ありがとね!!
幸せを願ってるよ!!(涙)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村







中村明日美子『O.B.1』




『同級生』『卒業生』の草壁と佐条、『空と原』のハラセンとソラノ、その他、
コマっちゃんや有坂&響など、〈同級生シリーズ〉を彩る魅力的なキャラたちの
"その後"を描いた待望の続編『O.B.』が、2冊同時で堂々の完結!!
描き下ろし短編【ガールズトーク】収録

【収録作品】
・<草壁と佐条>
・<佐条と城ノ崎>
・<草壁と佐条>
・<小松と竜一>
・<草壁と佐条>
・前編<有坂と響>
・ガールズトーク 収録




2冊で、これまでの主要登場人物のその後が書かれます。
草壁と佐条の二人の話が、その他の人物たちのアレコレを
挟み込んでいる感じ。


・<草壁と佐条>
草壁と佐条は、まだ初々しい感じで、
やることをやっているのに、お互いドキドキして
ちょっと遠慮したりしている日常です。
でもだんだん距離が縮まっていくところがよい。


レポートがあるといえば、草壁は佐条に手を出すのは我慢するし、
(それどころか、帰ろうとまで)、
佐条の誘い方は、かわいい。
コタツにもぐりかけて、「もう出たくないなあ」とか。
(買い物に行こうか、という話の流れではあるけれど)


・<佐条と城ノ崎>
佐条にお友達ができるお話です。
これがあるので、大学に通う佐条の様子がわかるというか。
草壁じゃないけど、「友達ができたの!よかったね!」と
喜びたくなります。


城ノ崎は一瞬佐条にふらついたけど、
基本は例の女の子が好きなんだよね??
ふむ?



・<小松と竜一>
これは、なくてもよかったかも。
竜一って…、だれだっけ…。
竜一が相手をとっかえひっかえ(どころか同時進行だったり)なのが嫌。
最後にもコマツだけにしぼってくれるわけじゃないし。
それでもつい相手の欲求に応じちゃうコマツみたいな
話はよくあるんだわよ、ってことがいいたかったことかしら??



・前編<有坂と響>
…これは、『空と原』よりあとのこと?
って思っちゃったけど、それほど、『空と原』であった響の家族との
葛藤がでてきません。
有坂の娘との再会がテーマになっています。



表紙が、主要人物を高校生にして同じ教室に
入れています。
考えてみれば、今私が親しくしている人たちを、
こうやって同時期に教室に入れたら…、
どうだったんだろう??
想像すると、なんだか楽しい。


ありえない想像だし、高校時代はもうはるかかなただから、
そのシチュエーションを考えるだけで、失われた時代、という
感じでちょっとさびしいんだけど。
決して戻りたくはないですけどね。


カバーを外すと、1巻は表が佐条、裏が草壁で
それぞれ(読者に)手を振っています。
もう終わりなんだな、って思わされる感じ…。
あああ。
続きが出ることは期待してなかったので
出て、読めて、すごくうれしいんだけど、
なんか、余計、さびしいかも…!!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村




人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化を憂いつつ、ゲイなものにうつつを抜かす日々。2年ほど前からM/M洋書にはまってます。つい最近、ノルウェーのドラマSkamにはまりました。EVAK大好き♡誰かとSkamについて語りたい!


    好きな人々
    コミック:ウノハナ、日高ショーコ、秀良子、依田沙江美、今市子、萩尾望都
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、樋口美沙緒、高村薫
    ドラマ:ノルウェードラマSKAM の、Even×Isakのカップル
    M/M小説家:Alessandra Hazard、Sarina Bowen(m/m限定。この方は男女ものも書く)

    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(SKAM好きが高じて最近また復活してます)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ