男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ


成瀬かの『さよなら (ショコラ文庫)』


天木怜也にとって萩生田大成は、孤独な子供時代を支えてくれた大切な幼馴染みであり恋人だ。だが大成の27歳の誕生日に二人の乗った車が事故を起こし、天木が病院で目覚めた時から何かが狂い始めた。怪我をした天木の面倒を見る為に大成が連れ帰ったのは見知らぬ家、普段は陽気でベタベタしたがりの大成は何故かよそよそしく、それなのに飢えたように切なげに天木を求めてくる。説明のつかない違和感に天木は戸惑うが―。



ちょっとだけサスペンスっぽくて、
どういうこと!?って思いながら読みました。


ネタバレすると、恋人は死んじゃってます。
けども、記憶があいまいになってしまっているため、
本人にとっては恋人は死んでなくて、
なので、読んでいて悲しくない。


こんな泣けない死にものでいいのかー、
なんておもっちゃいました。
もうちょっと重くても、よかったかも。


新しい恋への踏み出しにしても、
喪った悲しみ、というのが先に書いた通りあんまりなかったので、
わりとあっさり乗り換えたような気がしないでもない。


たとえば、夫には、私が先に死んだら一人わびしい男やもめになるより、
身の回りの世話をちゃんとしてくれるような
優しい奥さんもらって、みじめじゃない暮らしをしてほしいわ、
なんて思うけど、
あっさり忘れられたら悲しいわ…。
(で、ごめんなさい、私は夫の身の回りの世話なぞしてないけど。
夫のほうがお掃除も上手、お料理もしょっちゅうしてくれる…)


ともかく、そんなわけで、
死んじゃった人がかわいそう…、くらいな感じでした。
死に損、みたいな。
でもなんか全体の雰囲気は悪くなかったです。
表紙も小椋ムクさんのでステキだし。
(ちょっとジャケ買いしてた)


2013/04/22 14:27 BL小説 成瀬かの TB(0) CM(0)


成瀬かの『珊瑚の骨 (二見書房 シャレード文庫)』
僕、木津先生が、好きみたいだ……

売れっ子作家の木津に指名され彼が滞在する南の島を訪れた編集者の瑛。
腹違いの兄から性的虐待を受ける瑛は、木津の優しさに心惹かれるが…。

なんでキスしたいなんて思ったんだろう――売れっ子作家の木津大周に執筆依頼をするため、彼のいる南の島を訪れた白倉瑛。
本当は会いたくなかった。瑛はもう何年も腹違いの兄による性的虐待に苦しんでいた。
その傷痕を木津に見られてしまっていたから。しかし、強引に滞在を要求され、木津の甥っ子・優羽と三人の生活が始まる。
穏やかな時間の中、愛情に飢えていた瑛にとって、木津の優しさは初めての感情を湧きおこし……。


ふつうによかった。
DVってこうやって精神的に絡めとられるんだろうってのが
わかるというか。


しかしそれほど痛くない話に思えたのはなぜでしょうかしら。
痛いシーンより癒されるシーンのほうが多かったからかしら。
私も南の島で全部忘れて癒されたいな。


そして、主人公にひどいことをしていた兄を痛めつける話を
1本書いてほしいものです。
痛くって痛くってたまらない話を読みたい。
(けど、グロイのは勘弁)



2012/05/06 10:22 BL小説 成瀬かの TB(0) CM(0)


成瀬かの『愛がない (ショコラ文庫)』


クリスマスイヴの夜、煌めくツリーの下で白井雅志は、冴えない同僚・槇野達哉に告白された。ゲイではなく女に不自由した事もない白井は嘲笑まじりに達哉を振るが、数日後、酔い潰れた彼を好奇心から抱いてしまう。最高のセックスの後、血だらけになったシーツを見た白井は、罪悪感のあまりお付き合いを決意した。意のままになる玩具のような達哉をいじめ可愛がる事は予想外に楽しかったが、達哉の態度はなぜか次第に冷めてゆき―。



あらすじを読んで、攻めはどんなひどい男なんだろう、わくわく、
という気持ちで読みました。
単に、反抗期的な感じのひどさ。
かわいい子にはいじわるをしたくなるひどさ。
でもね、好きな人にそんなこと言われたら、泣きたくもなるよね、
よしよし、もっと泣け、という気分でした。


けっこうよかったです。
でもこれ、時系列を、そのままにしてくれたほうが、
もっとよかった気がする…。


付き合いだしてから、離れて、くっつく、という
そのままのほうが、先がわからなくて(わかるけど!)
よかったような。


会話が多いというか、字が少なくて、
さらっと楽しめました。
疲れているときにはいいかも~。


初めての作家さんでした。
ほかにもけっこう出てて前に薦めてもらっていた
本もあったので、何冊かぽちってみました。
届くのが楽しみです。



2012/05/04 10:02 BL小説 成瀬かの TB(0) CM(0)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ