男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ


剛しいら『描くのは愛 (ショコラノベルス・ハイパー)』

的場幸洋は父の汚名を濯ぐため、天才贋作師である阿久津修平の元を訪れる。すべてがうまくいくように思えたが、完成品の存在しない作品を描く代作だということから事態は一転する。まだ見ぬ作品のために、自分にできることならなんでもすると決めた幸洋だったが、なぜか修平にキスされ押し倒されてしまう。やらせるのが仕事を受ける条件だと言われた幸洋は何も言い返せず……。


けっこうよかったです。愛が、あった。
主人公とその母は父の失踪後、
ずっと父の元職場の画廊のオーナーとその娘からそれぞれセクハラを
受けていたり(14年間も)、それなりにディープ。
攻めは攻めで贋作製作をずっと父親に強要されていて
今まで愛を知らずに来て、その二人が出会って、お互い愛を知る、みたいな話。


ただ、全体的にさらっと書かれているので、
暗くないし、重くないです。


印象に残っているのは、贋作製作に入ると攻めは
半分どこかにいっちゃってるんだけど、Hの最中にも
受けがいってないのに攻めが寝ちゃってやわらかく…とか、
一瞬「え?」と思っちゃった。
意識がない攻めを受けがやっちゃうと思ったのに、
やわらかくなっちゃったら、やりようがないものね…(^^;)


…ってついそういうとこに注目しちゃいました。
ふつうにおもしろかったです。
表紙があんなに肌色ですが、内容はそれほどハードではないです。


とある方のブログで、朝南さんの表紙の本がずらっと紹介されていて、
この剛さんの本、表紙がきれいだわー、と思って
アマゾンで検索したら、中古本が9000円越え。


それをツイッターでつぶやいたら、オークションから
見つけ出してくれた方がいたのです。
それも、タイトルとか著者名ではなく、
20冊セットとかの写真から見つけ出してくれたのです。


オークションの品名には別の著者名で「○○○子ほか20冊」のように
書かれていて、アップされた写真に、
この剛さんの『描くのは愛』が入っていたのですが、
それを見つけ出すのって、ものすごいことだと思うんです。
どんな魔法…!?


で、1000円で出ていて、入札しておいたら、ほかにいなくて、
無事落札。送料+手数料で1800円弱で、手に入りました。
ほかにもまだ読みたい本が何冊も…。ふふふ!
(すももさん、ありがとうございます!!ほんとに、感謝です!!)


読めてよかったです♪





2012/02/19 19:24 BL小説 剛しいら TB(0) CM(2)


剛しいら『匣男 (プラチナ文庫)』

狭いところに入りたい―。旧財閥の跡取りで船舶会社副社長の風宮にはおかしな性癖がある。秘書となった幼なじみの祐一朗は、その唯一の理解者で支配者であった。家族に萎縮し、仕事の重圧で心が壊れかけていた風宮は、デスクの下で祐一朗の足下に蹲り安寧を得る。薄闇に包まれた狭い空間は、安らぎと同時に恍惚感をもたらした。まるで祐一朗の執着に閉じ込められたようで…。


剛しいらさんの本は、ボクサーシリーズをちょっと
読んだくらいで(あと『座布団』とかよかった)、
なんとなく、作家買いする方ではなくて、読んだことあるのは
あまりないのですが、これ、あらすじをみて、ビビビっときました。


で、口絵のところをみて、さらに「読みたい!」と。


風宮に見えるのは祐一朗の姿だけだ。
そして目の前には、祐一朗の足がある。
気がつくと風宮は、祐一朗の足を抱きしめていた。
「落ち着いただろ」
「うん……」



こんなにヤバそうな人が出てくるなんて!
やばそうな人、(読むのが)好きなんです。
人生がつらそうな人とかも、(読むのが)好き…。


さてこれ、期待を裏切らず、いい作品でした。
狭いところに安らぎを見出す受けが、跡継ぎですえられた
社長という座に苦しくなっていたとこに、幼馴染が帰ってくるのですが、
彼は、主人公の、「隠れたい」という欲求を上手にかなえてくれて…。



シーツをかぶってじゃないと落ち着いてできないとか、萌え…。
最後には隠れる場所たっぷりの家を建ててくれるのですが、
きっとあの家は主人公が隠れてるところにこっそり忍び込んで
できるしかけがいっぱいなんだろうな、と妄想。


最高だったのは、
「帰りは、車のトランクに入っていくか?」
まだ入ったことないだろ、と言う祐一朗の言葉。
それで興奮する風宮がとてもよい。
思わず笑っちゃいました。


風宮は理解してくれる人間を得て、
本当に幸せだな、しみじみ…。


年末にいい作品を読んじゃいました^^
今年もいい作品にたくさん出会えたら幸せです。
みなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします☆



2012/01/03 16:56 BL小説 剛しいら TB(0) CM(4)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ