男同士の愛に目覚めて20余年。2年前からM/M洋書にはまってます。今はドラマskamに激はまり中。
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
『愛してないと云ってくれ』シリーズ3冊目。
もうほんとに、おもしろいなー。毎回、何か事件も怒るのですが、そんなことより、セクハラオヤジの斑目がおもしろいのです。
中原先生ってこういうオヤジを描かせたら本当にお上手。

中原一也
『愛されすぎだというけれど』


日雇い労働者街で診療所を営む医師の坂下は、元伝説の外科医にして彼らのリーダー格の斑目といつしか深い仲に。
北原の一件も片づき診療所にいつもの風景が戻ってきた。しかし、街には路上強盗が溢れ、ドラッグまでが出回り始める。
平和な日常を脅かす黒い影に坂下は、斑目の腹違いの弟・克幸が絡んでいることを知る。執拗に自分を狙う男に決して屈しない。
そう決意する坂下だが、その強い意志が逆に克幸の興味を煽り…。
坂下を巡る斑目兄弟戦争、ついに決着の時 !

『 愛してないと云ってくれ 』 、『 愛しているにもほどがある 』 に続くシリーズ第3弾


坂下は医者ですが、坂下の診療所が火事で焼けて、焼け跡から出てきた覚せい剤のせいで、坂下は警察に連れて行かれ、留置所に入れられるのですが。


なんとか出てこられたと、斑目とそーゆー雰囲気になったとき、斑目はいうのです。
「先生が、あんなところに入れられて、気が気じゃなかったんだぞ」
「もしあのまま刑務所に入れられたらと思うと……」

なんと言ったと思います?
「……興奮した。先生が夜な夜な男どもに襲われるところを想像しちまって、興奮したよ」と。


で、刑務所ごっこをするか、と。
俺が部屋のボスで先生が新入りってのはどうだ、と。
それか、刑務官と囚人というのも、いいよな、と。
で、刑務官である坂下に「やめなさい」と言わせて興奮する斑目と、言って興奮する坂下…。


ああ、もう最高!
斑目、最高。
「俺のフェアリーが先生を喰いたいって言ってるんだが…」
なんていって、坂下が怒ると、
「そんなに怒るこたぁねーだろう?先生が怒ると欲情しちまう」と。


おおおお!
怒ると欲情しちまう、だなんて、怒ったら欲情されてしまうけど、怒らずにはいられない、みたいなジレンマでますます興奮してしまうんでないかいっ…!


もうほんと、中原一也さんて、こういうオヤジを描くのがほんとにお上手。
どこまで本気なんだかっていう、フェロモン垂れ流しの余裕しゃくしゃくのモテモテオヤジ。
斑目さん、大好き♪
バンザーイ、フェアリー・斑目♪


いろいろやんなきゃいけないことがあるんだけど、
…斑目botを作りたい。
「そんなに怒るこたぁねーだろう?ふううが怒ると欲情しちまう」って言われたいの!!


どーしよーかなー。
やっちゃおうかなー。



しかし、眠いな。
最近夜0歳児が夜中に3、4回はおきてます。
いつもは夜20時に寝て、朝5時に起きるのだけど、
昨日はおととい泊まりだっただんなが少し早く帰ってくるというので、
疲れて雨だったしお迎え行ったりしてたら、寝たのが22時で。
起きたのはいつもどおり5時なので、いつもより2時間睡眠が少ない、
ということに。


でも昼間はもったいなくて、寝られない。
あれもしたい、これもしたい、あれも読みたい、これも観たい…



☆☆拍手御礼☆☆
>ロミオさん
そうそう、感度よくって!
やっぱりそこ、大事だよね!
蓉ちゃんも感度がいいといいよね…。


>そのほかぽちってくれたみなさま
『ふしだら者ですが』にたくさん拍手をいただきました。
よかった。ありがとうございました(^0^)/
2011/03/02 10:42 BL小説 中原一也 TB(0) CM(0)
お借りしている中原さんを早く返さねば!ということで、
(勝手に)中原さん特集。


魔性のゲイというと、どうしてもあの方を想像してしまうんですが…
えー、こちらの方は、役所勤めの地味なメガネの38歳。
あだ名はジミヘン。
ジミーヘンドリックスじゃなくて、地味で変だからって…。
ヒドイ…。

中原一也
『ふしだら者ですが』


仕事場で女性からは空気扱い・邪魔者扱いをされているサエない公務員の皆川修平。しかし実は、男にはなぜか異様なまでにモテまくり、老若男男、喰い散らかしている節操のない魔性のゲイだった。男と別れるときは、いつも幻馴染みのガテン系リーマン・高森に恋人のふりをお願いし、円滑に男と別れていた。そんなある日、皆川はストーカー被害に遭ってしまう。危ないところを高森に助けられた皆川だが、その日から高森のことが忘れられなくなってしまい…。

またまた笑えちゃった中原一也さんのお話。
前回のオヤジ受け、『よくある話』が好評で、CDにまでなって、それでオヤジ受けをまた書いたんですってー。


今回は、皆川のぼーっとしている加減が笑えて、よかったです。ぼーっとしていて、関係を持った男をマル三角四角などで区別して名前を覚えない。

たとえばこんなやりとり。
過去の男「すみません、呼び出して。この前、いきなりあんなことを言うから」
皆川「こんにちは。えっと……田中さん」
過去の男「み、水橋です。そんな意地悪言わないで」
皆川「そうでした」


しかし、こんなにぼーっとしているのに、幼稚園男児にまでプロポーズされるという魔性っぷり。おまけに来るもの拒まずで、職場の「なんでもやる課」に相談に来た青年と、職場トイレでいたしてしまったりというふしだらっぷり!


しかし、あはははははーと読んでいたら、事態は急変。
亡くなった母親との暗い過去が転がり落ちてきて、どうなることかと思いました。
とはいえ、大変暗い過去にもかかわらず、全体には暗いトーンに落ち込まずに軽く読めてよかったです。


こちらの受けの皆川さんも、もちろん、感度はグッド。
いいですねー。いいですねー。
やはり、BLの醍醐味はソコです!
昔はにおいがあればいい…挿絵もなくてもいい(絵でみたらふつうの本じゃないってばれるから)、なんていってましたが、過去の私をけっとばしたいですね。
何いってんのよ!!って…。


挿絵もすばらしかったです。
特に口絵が。これはステキだ…。
挿絵師さんは小山田あみさん。この方の絵は雰囲気があるのです。
とても38歳には見えない、若すぎるかもな二人ですけどね!
いいのです。いいのですよ。
ほんとうに、年相応の二人を小山田さんの絵で見てみたい気もしますけど。



ところで今日は…
保育園に写真撮影に行ってきました。
卒園アルバムに載せる写真を、何かのイベントがあるたびに
保護者が交代で行ってとるのです。
遠足とか、移動動物園とか、プール開きとか。
今日はお茶会でした。


私までお抹茶をいただいてきましたが、大変おいしかったです。
しかし、疲れた。
疲れて、何もやる気がおきません。
どーしよー。
2011/03/01 13:32 BL小説 中原一也 TB(0) CM(4)
『愛してないと云ってくれ』の続編。(愛してないと~の感想は→こちら:なんと書いたのは2006年だった…)

中原一也
『愛しているにもほどがある』



坂下が日雇い労働者の集まる街で診療所を開いて約一年。優しげな外見に似合わずゲンコツで荒くれ者たちを黙らせる姿は、待合室の名物と化していた。そんな坂下と深い仲の彼らのリーダー格・斑目は、かつて天才外科医と謳われたほどの腕を持ちながら、気ままなその日暮らしを決め込む変わり者。フェロモン垂れ流しで坂下を求めてくる斑目に、自ら欲しがるほど溺れつつも、羞恥に焼かれる男心は複雑で…。だがある日、医者時代の斑目を知る美貌の男・北原が現れて―。

斑目という名のセクハラオヤジが最高な味を出しているお話です。


主人公で受けの坂下は、ドヤ街で診療所をやっています。
そこに入り浸って坂下をサカナにひわいな冗談を繰り広げるのが攻めの斑目と相棒・双葉。


坂下が、「もう!邪魔だから、どっか行ってくださいよ!」というと、斑目は、
「イってくださいだと!聞いたか、双葉!」
と言う。


ああ、なんてオヤジなギャグ的ベタなセクハラ発言!!
「俺のキャンディバーは、先生だけのもんだよ」
「しゃぶるのも、あそこに挿れて遊ぶのも、先生の自由だ」


とかいいながらしかけて、
途中からはお医者さんごっこ。
「先生を、診察してやろうか?」「今日は俺がお医者さんだ」、「ぶっといお注射が必要だな」とか、まー、いろいろ言ってらして、笑っちゃいました。
いやいや、笑っているけど、エロいんですよ。
ベタだから恥ずかしくて、(坂下の)羞恥をそそるというか…。


斑目は、今は日雇い労働で日銭を稼いでいるけど、神の手をもつと言われる天才外科医だったのですよ。
それで今回も、かつての部下が、斑目の技術がほしくて、
斑目を取り替えそうと、騒動をけしかけてくる、というお話なのでした。


そういうストーリーより何より、斑目のキャラが最高なのでした。
ああ、斑目にセクハラ発言されたい~~、とついつい思わせられちゃうのでした。
2011/02/28 11:24 BL小説 中原一也 TB(0) CM(0)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化を憂いつつ、ゲイなものにうつつを抜かす日々。2年ほど前からM/M洋書にはまってます。つい最近、ノルウェーのドラマSkamにはまりました。EVAK大好き♡誰かとSkamについて語りたい!


    好きな人々
    コミック:ウノハナ、日高ショーコ、秀良子、依田沙江美、今市子、萩尾望都
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、樋口美沙緒、高村薫
    ドラマ:ノルウェードラマSKAM の、Even×Isakのカップル
    M/M小説家:Alessandra Hazard、Sarina Bowen(m/m限定。この方は男女ものも書く)

    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(SKAM好きが高じて最近また復活してます)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ