男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ


一穂ミチ『is in you



香港からの転校生・一束は、日本にも教室にもなじめずに立入禁止の旧校舎でまどろんでばかりいる。
そんな一束だけの世界を破ったのが、二つ先輩の圭輔だった。
まっすぐな圭輔にやがて心を許し、どうしようもなく惹かれていったのに、
向けられる想いを拒んでしまった一束
――十三年後、新聞社香港支局長になった圭輔と仕事相手として再会し……?


off you go』で受けだった佐伯が受けの元カレということで読んだ。
けど、佐伯の対応にいまいち納得できなかった。
一束(いつか)はただのセフレだったのに、一束が昔の彼とつきあうことに対して、
なぜ佐伯が怒る必要があるのだろうかと。その理由がわからなかった。


もし『off you go』の相手をあの時点で好きなんだとしたらなんで
それほど好きでもない相手に振られて怒るんだろう、
…と書いていて自分の昔を思い出した。


別に好きでもない人に付き合ってといわれて付き合って、
結局ふられて、好きでもない人に振られたこことに大変むかついて、
ならば今度は自分が好きな人とちゃんと付き合おう、と思って、
憧れていた人に告白したことを。
(自分もずいぶん最低な…)


つまりは、今回の一束(いつか)が、その「好きでもない相手」であり、
告白しようと決心させてくれた相手だったってことだ。


このお話は、一束が主人公で、
高校時代にとてもよくしてくれた相手と再会して、そして
恋にまた落ちる話。


けどどうも一束の性格がよくわからなかった。
熱いのだか冷めてるのか。
それでか、感情移入しにくかった。


いまいちだった…というか、もしかしたら、
好きな相手じゃない人と関係を持っているという内容が
私にとってイヤだったのかもしれない。
一束にしても、佐伯にしても。


それにしても、これ絶対読んだことあった。
忘れてたけど。また買っちゃった…。
読みたかったから後悔はしていないけど。


ところで、
off you go の意味をネットで調べてみたら、イギリスの口語表現で、
「さあ行って」「お先にどうぞ」「帰りなさい」「出て行って」「では始めて」といった、
幅広いシチュエーションで使われるフレーズとのこと。
そうか、知らずに読んでたわ。

2014/09/19 16:43 BL小説 一穂ミチ TB(0) CM(0)

一穂ミチ『アロー (幻冬舎ルチル文庫)』



まだ客のいないバーで葛西草がダーツの矢を放ったとき、なじみの金子が見かけぬ顔を連れて現れた。
行く宛がないというその男―同じ中学校出身らしい湯浅麦を、草はいつもの調子であっさり受け入れ、
奇妙に心地いい同居生活を送ることに。
やがて、来る者拒まずのようでいて誰からも距離を置く草が、ただひとり執着する対象に気づいた麦は…。



またもや、一穂さん。
でもこれは、申し訳ないけど、ちょっと好きじゃなかったです。


例えば私、
「こいつ、おもしろいだろ」
って別の人にいう人とか、
「○○っておもしろいよね」と本人に向かって
いう人が好きじゃない。


そのときに起こっていることがおもしろくなければなおさら。
「はあ、どこが?」って言いたくなるし、
言う人に「おもしろい」って相手を評価する権利というか
立場というか、そんなものないでしょ、っていいたくなる。


そもそもそれは私が「おもしろい」と言われると
嫌だからなのかもしれないけども。
おもしろいと言われて、どう反応していいか、困る。
こっちはおもしろがらせるためにやってんじゃないんだからさ。


ともかく、すぐに「○○って、おもしろい」とか
「○○って~~だよね」とか相手を自分の物差しに当てはめようと
する会話が多くて、嫌でした。


一穂さんの最初のころの本はそういうのが多くて、
登場人物が鼻につくところがあったりして、
読まなくなったんだったと思い出した…。


でも今見てみたら、これは2011年発行。
そんなに昔でもない。
うーん。とりあえず、読むのは2012年以降のにしようかな。
以降のはたぶんきっと、コンプする。


あ、あといっこやだったとこ。
受けの友達が、自分の彼女に対して、「~だろ、アホ」という。
いいヤツ設定なんだけど、私、自分の彼女にそういう馬鹿にしたものいいを
する人が、すごくいや。
精神的DVにあてはまるんだよ、って言いたい。



お話の内容云々よりそういうところが目に付いちゃって、
全然楽しめませんでした。
相性が作品によってこんなにちがうなんて。
不思議すぎ。




2014/09/14 14:39 BL小説 一穂ミチ TB(0) CM(2)


一穂ミチ『アイズオンリー (SHYノベルス299)』



CGオペレーターの仁科縁はある事情から人と関わることを避けて生きてきた。
ある日、上司であり叔父である訓の誘いを断りきれず参加した飲み会の席で
縁は編集者の岩崎数真と出会う。
数真には、子どものように何でも触って確かめる癖があった。
それは子どもの頃、目が見えなかったことに起因すると告白する数真。
その話を聞いた縁は過去に出会った「かず」のことを思い出す。
縁が壊してしまった幸福な時間と共に―。一穂ミチが贈るオンリーワン・ラブストーリー。



泣けました。
泣きたいってときにはおすすめの本です。


あらすじにある受けの縁(ゆかり)の「ある事情」というのは、
外からはみえないある障害で。
それを隠して、生きています。


小さいころに、親が隠すことを決めるのですが、
障害を恥と思う気持ちと、そこから起因する縁の生きづらさは、
「隠すこと」で始まったんじゃないかと思いました。
親が悪い。


でもオープンにしたらそれはそれでいじめられそうで
こわい気持ちもわかる…。
いっそ、養護学校に行ってもよかったのかもしれない、
って思うほど。
けど、自分の子の障害を認めたくないって思うのも
親心だろうし。


ともかく、そんなわけで友達も作れずにきた縁がはじめて
人と深くかかわったのが目が見えない「かず」で。


ここからはネタばれしないと書きづらいので、
障害の内容を書きますので、読みたくない方はここまでで。
ほんとに、おすすめの、泣けるお話です。













縁の障害は、相貌失認。
相手の顔が、わからないのです。
だから覚えようがない。
それで昔からあいさつもできない子、と言われたりして、
クラスでもだれともかかわらないようにしていました。


その縁が、初めて深く付き合ったのが「かず」で。
目の見えないかずは、白い杖を持っていたので、
ゆかりでもその子をかずだと認識できたのです。
それが、小さいころの出会い。


縁の叔父の優しさにも、泣けました。
叔父は、いつでもサングラスをかけているのです。
だれの顔もわからなくてこわいと泣く縁のために、
いつでも自分のことはわかるように、目立つサングラスをかけて。
結婚披露宴でもかけてた、ってところでは泣けました…。


「かず」が数真になって再会して、
かずも縁にすごく助けられて、縁もかずにすごく助けられてた
っていうのがわかって、とてもよかった。
縁はひどいことをしてごめんなさいという申し訳ない気持ちで
いっぱいだったけど。


泣けるシーンにHシーンがかぶさって、
むしろここはなくて(軽くて)いいんじゃ、と思ったのも1か所ありましたが、
なんかこう、生きづらさと優しさと、希望が
まぜこぜになっているすごくきれいなお話です。


ほんとよかった。
鼻の頭を赤くして、ため息がでちゃうタイプのお話です。



今一穂さんの『ふったらどしゃぶり』が、kindleとhontoで100円セールです。
ここから私は一穂さんにはまりました。
(当時は300円セール中。)

↓アマゾン
ふったらどしゃぶり When it rains, it pours【電子特典イラスト付】



↓honto
ふったらどしゃぶり【honto】


hontoは今電子書籍30%オフクーポンがあります。
これで私はまだ読んでない一穂さんを買っちゃった。
今回の本も。
でもイラストがなくて、いつもはイラストなしでOKなのですが、
小椋さんのイラストはぜひ見たかったので、
ちょっと残念でした。





2014/09/13 16:00 BL小説 一穂ミチ TB(0) CM(0)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ