男同士の愛に目覚めて20余年。2年前からM/M洋書にはまってます。今はドラマskamに激はまり中。
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
愛の在り処をさがせ!【イラスト入り】

愛の在り処をさがせ!【イラスト入り】



樋口美沙緒『愛の在り処をさがせ!』

ハイクラスの身ながら短命な性モザイクで生まれたナミアゲハ出身の葵は、
十八年間空気のように扱われて生きてきた。
生きている間に、せめて誰かに必要とされたいと、
性モザイクを探していたケルドア公国の大公との縁談を受けることにした葵だったが、
葵の役割は、絶滅危機にあるグーティ・サファイア・オーナメンタル・タランチュラの最後の一人、
美しくも冷徹な大公シモンと月に七日交わり、跡継ぎをつくることだった。
できなければ離縁されると知り、その過酷な条件に心を痛める葵だったが──。




最初から話の読める展開なのに、
切なくさせてくれる樋口さんに感謝(笑!


あらすじからわかる通りなんだけど、なぜ愛がほしい葵が、
こんなにも愛のない政略結婚を受けることにするのか、大変おかしい気がするけど、
なんだかうまく説得されてしまった。


そして、シモンの周りの人間の、葵への冷たさにぞっとさせられた。
精神がおかしい人はとりあえず置いておいて、
一般に普通の人が、当たり前のように、葵を同じレベルの人間とみなさず、
たとえ世継ぎを産んでいたとしても、その世継ぎには心から平身低頭するのに、
その子を産んだ葵のことはまるで目に入らないよう…。


これが身分の低い女性の悲哀なのね…。
源氏物語やらなにやらあの時代のものを読んで、身分の低い母親というのはよく出てきたけど、
その人自身の悲哀というものにあまり目がいってなかったことに今回気づいた。
ひどいもんだわ。
本当に、ただの子どもを産む道具なのね…。


さて、そんなわけでいろいろあるのだけど、
なんとこのお話、完結していない。
続きがある。
それはRenta!で今のところ2冊(短編)出ているけど、それでも完結していない。


シモンもなかなか自分の気持ちに気付づないし、
気づいたら気づいたで、今度は葵への国民の態度が気になるしで、
本人同士の気持ち以外にも考慮すべきことがたくさんありすぎて
問題山積みだけど、幸せになるところまで見届けたいと思う。


小説花丸 愛の在り処は見つけたけれど

小説花丸 愛の在り処は見つけたけれど







2017/06/25 08:54 BL小説 樋口美沙緒 TB(0) CM(2)
BL小説家で新刊が出ると必ず買うのは、
木原音瀬さん
凪良ゆうさん
樋口美沙緒さん
あたりです。

樋口さんは、特にムシシリーズが大好き!


けど、ちょっとこの夏は心労が多くて、新刊が出てるのにうっかり
スルーしてました。


で、昨日気づいたのですけど、フェア開催中ですって!?
小冊子52ページ全部書下ろしですって!?


アニメイト全店 樋口美沙緒ムシシリーズフェア!
http://www.hakusensha.co.jp/hanamaru_new/hanamaru_fair/mushi/index.html


でもね、アニメイトで対象となる文庫を2冊買ったら、ってことなんですが、
今回の新刊以外、全部持ってますってばー。
同じ本を2冊買うのは、私は無理。
買いたくない。必要ないものを買うのには心理的抵抗があります。
お金も(置いておく)場所も、資源ももったいない、って感じちゃう。


小冊子、読みたかったけど、その「もったいない」には
勝てないな…。ってわけで、我慢。
新刊自体も、今ちょっと9月中旬までバタバタする用事があって、
(とある舞台に立たねばならない…。緊張する…)
どうせなら、電子書籍になるまで待とうかと。
前作まではもう電子書籍になってるから、待てばなることは
確実だと思うので。


しかし、なぜ、紙書籍と電子書籍を同時に発売してくれないのかしら。
最近、マンガでは多少同時発売が出始めてるのに、
小説のほうはちょっと遅れている感じがします。






ところで、私は、ポストカードとかがついてくるフェアには
実は全然興味がありません。
マンガ1Pとかもそれほどそそられません。
でもまとまったお話、となると、読みたい!って思います。
小冊子じゃなくて、本体に入れてくれれば、いちばんいいんですけどねー。
いつか読めるといいな!
(読めなかったら、縁がなかったということで仕方ない…って言ってられるうちは
まだそれほど萌えてないのかも^^;)

2015/08/29 10:28 BL小説 樋口美沙緒 TB(0) CM(0)


樋口美沙緒『愛の罠にはまれ!


オオスズメバチ出身の篤郎は、過去に深く傷つけた義兄・郁への罪悪感から立ち直れず、
幸せになってはいけないと自分を責め続け生きていた。
そんなある日、ヘラクレスオオカブト出身の兜が目の前に現れ!?
2014年9月刊。


楽しみに待っていた、虫シリーズの第4弾。
第1作目に出てきた兜先輩と、3作目に出てきた郁の弟、篤郎の話。
篤郎って嫌な子がいたけど…なんだったっけ?的な私の
淡い記憶でも大丈夫、すごく楽しめました。


というか、泣けました。
何回泣いたことか。


篤郎は、昔自分が郁にしてしまったことを後悔し、
自分を罰するように生きています。
保育園で子供たちを可愛がり、でもだれとも
深いつながりを持たないようにして。


子どもたちを自分の昔と重ねている姿に涙し、
過去の両親からの扱いに傷ついているところで涙し、
兜からの仕打ちに涙し…。


本が厚くて読むのに1時間半くらいかかったのだけど、
その間、別世界に行って涙し、
最後は幸せに終わり、とても、スッキリしました。


「愛って痛いんだね。やめようとしてもやめられないんだって、
初めて知った」
兜が変わって、よかった。
兜がそんな歪んでいたとは知らなかったけど。


ところでお話にでてきた「ボルバキア症」というのが、
本当に存在するものだとしってびっくり。
ウィキペディア ボルバキア


昆虫の雄を雌化させるようなことをするらしい。


今回も妊娠ものでした。
最初にこのシリーズの1作目を読んだときは、1人目の育児にてんやわんやしてて、
せっかくBL読んでるのに、現実の世界を思い出させる妊娠ものは
やめてくれ、って思ったものでした。
それが、自分の子が3人になった今じゃ、赤ちゃんが生まれるとうれしい。
(このお話ではまだ生まれてなかったけど)


人は変わるものだ…。




2014/09/22 12:25 BL小説 樋口美沙緒 TB(0) CM(2)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化を憂いつつ、ゲイなものにうつつを抜かす日々。2年ほど前からM/M洋書にはまってます。つい最近、ノルウェーのドラマSkamにはまりました。EVAK大好き♡誰かとSkamについて語りたい!


    好きな人々
    コミック:ウノハナ、日高ショーコ、秀良子、依田沙江美、今市子、萩尾望都
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、樋口美沙緒、高村薫
    ドラマ:ノルウェードラマSKAM の、Even×Isakのカップル
    M/M小説家:Alessandra Hazard、Sarina Bowen(m/m限定。この方は男女ものも書く)

    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(SKAM好きが高じて最近また復活してます)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ