男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ

ランキングに参加しています。
ぽちっとしてもらえたらとってもうれしいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村






草間さかえ『やぎさん郵便 2 』



返って来た本のページにまぎれていた恋文。
宛名があるはずの1枚目は無く 文末の署名は本を貸した友人の名。
その友人は急に東京を去るという。
それは渡せなかった手紙の所為か…。

ただ一人が手紙を盗み読まなかったことからはじまった 過去と感情と関係が絡み合う4人の男の恋愛物語。

花城の過去との決着、廣瀬の不安、有原が追う手紙の行方、澤の優しさ…
それぞれの想いの行き先が見えてくるシリーズ3冊目。

「やぎさん郵便」17.5話~23話までを収録。



私は、澤×有原のカップルが好きなので、
今回は大満足。
有原が澤に心を許していく過程がとてもよかったです。
最初は半ば無理やりだったのに。


澤の愛情がよくわかりました。
有原のために退学届を取り返しにいったりとか。
ほっとして思わず泣いてしまった有原がまたかわいくて、
「なんで泣くんだ」とおろおろする澤がまたよくて。


草間さんの絵って線がゴツゴツしてるんだけど、
男はかっこいいし、有原みたいに目の大きい子はかわいくって
とても好き。


まだ続刊のようですが、楽しみに待ちたいと思います。
紙で出てから、電子書籍で出るまでに時間がかかったけど、
よく待ったと自分をほめたい。
というか、紙と電子書籍は同時に出してほしいものです。



やぎさん郵便 2

やぎさん郵便 2






草間さかえ『明け方に止む雨 (キャラコミックス)』



兄への恋煩いで自殺した青年の足跡を、当の兄と追うことになってしまった刑事。
隣人の数奇妙なタバコの香りから、疑心の迷路に囚われていく裁判所事務次官。
町はずれに住む孤独な絵描きと、祖父の残した秘密の絵に魅入られる青年。
知ったが最後、引き返せない―隠された謎が恋を呼ぶ、スリリングな3つの恋愛譚。



すごくスリリングかといえば、そうでもない。
ちょっとしたなぞが、お話にメリハリをつける、
いいアクセントとなっています。
でもこういうアクセントは草間さんはいつもあるから。
いつも安定のおもしろさ。


今回のは、タイトルもちょっとうす暗い感じで、
イラストもアンニュイで、
今の私の気分もちょっと落ち気味だったので、
ぴったりでした。


3つのお話が入ってるのですが、なんとなく、どれも物悲しい。
一つなんて、弟は亡くなってるし。
一つは人殺しの孫ということで、村七分の目に
あってたりして…。
でもタイトルどおり、雨は止むわけですから、
ちゃんと最後は、ハッピーエンドで少し暖かくしてくれました。


私がいちばん好きだったのは、その人殺しとうわさされる男の孫と、
裕福な農家の三男坊のお話でした。
アーサーとジョゼが出てくる、外国の話。
草間さん、外国の話は初めて、ですって。


二人はあることがあって、駆け落ちのように二人でもとの町を出るのだけど、
なんと三年も一緒に暮らしてて、何もなかったらしい。


三年も!!
よく我慢したものだ…!
よかった、思い切ってくれて。


最後、20年近くたっているのか攻めにヒゲがあったのが
ちょっと、…ちょっと、なくてよかったけど。
まあ、それくらいは、許そう…(エラそう)。


カバー下にも漫画があります。
草間さんが書いといてくれなかったら
見忘れるところだった。
最近カバー下漫画は多いのに、ついチェックし忘れます。


みなさまは、お忘れなく!






草間さかえ『どこにもない国 (EDGE COMIX)』



隊長と部下、戦時下のストイックな規律と上下関係から生まれた純愛。

南方戦線での状況下、たびたび問題を起こしては処罰される部下・早川と、厳しい隊長の竹内。
二人の間にはある秘密があって…。
そして時代は終戦を迎え、復員船で祖国に戻った二人は共に暮らすようになるが――。
男同士の情愛の儚さを、当時の風景を濃密なタッチとともに描いた表題作とその続編。
ほか読み切り5篇を収録した、ファン必携の作品集。
収録作品:「どこにもない国」「パラダイムロスト」「1と2の間」「0と1の間(前編)」「0と1の間(後編)」「0か1の世界」「もののことわり」「遠き島より」



これは、よかったなー。
『どこにもない国』『パラダイムロスト』がいちばんよかった。
戦中戦後の古い雰囲気が草間さんの絵の雰囲気とあってて。
暗いわけではなく、なんとなくモノクロなイメージ。
繊細ではなく、太くて芯のあるイメージ。


まあ、とにかく、お話と絵がぴったり。
こんな状況でハッピーエンドにならないのかと思ったら、
ハッピーエンド。
なので、ご安心を。


惜しむらくは、短編がいくつも入っていて、
1シリーズが短いこと。
これ、もっとじっくり、読みたかった。


二人がその後、どう寄り添って添い遂げるのか、
まで見たかったなー。


全部で4組分入ってます。
が、途中の『1と2の間』の攻めと、『0と1の間(前編)』
『0と1の間(後編)』『0か1の世界』に出てくる二人が
高校の同級生なので、同じ世界が続いている感じです。


こっちは、『0と1の間』とかがよかったなー。
ずっとバレー部の部長の同級生を好きだった副部長。
みんなに怖いと思われているのだけど、それはいつも部長を
守るためのときだった、ということにあとで、部長自身が
気づくという。


これももっと長く読めるとよかったな。


最近、短編集と聞くと、「きっともっと長く読みたいと思っちゃう」
と一瞬買うのを躊躇しちゃうんですよね。
今回も、読んでやっぱりそう思ったけど、いいお話で、
読んだいる間、ちがう世界にトリップできました。


このトリップが癒しなんだなー、と最近思います。


レンタ!にもあります↓
どこにもない国


人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ