男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
M/Mには元兵士がよく出てくる。
元兵士たちは悪夢を見たりしている。
ということで、この本をとあるブックレビューサイトで見た時、
ぜひ読みたいと思って図書館で借りてみた。






読み始めたら、重いんだけど現実だから、
この人はどうなるんだろうと思ったら、気になって気になって、
時間があくとすぐ読んでいた(長いから一気には読めなかった)。


アフガニスタンとイラクに派兵された兵士は200万人。
そのうち50万人がPTSD(心的外傷後ストレス障害)と
TBI(外傷性脳損傷)に苦しんでいる、という。


PTSDはよく聞くけど、TBIは初めて聞いた。
脳に強い衝撃を受けた場合、あとから、記憶や認知に問題が出てくるらしい。
昔見た元ボクサーが主人公のドラマを思い出す。ぼーっとした人だった。
そんな、ぼーっとした元兵士も出てきた。
何をしていても、なぜそれをしているのかわかっていない。


この本には、主に、5人の兵士とその家族が出てくる。
うち一人は戦争で亡くなり、妻がその後3年たっても夫を想っている姿が出てくる。
いっそ、思い出はきれいなままなほうが幸せだったのではないかと、
生き残って壊れて戻ってきた兵士たちの生活をみると思うほど、
彼らの生活は悲惨になっている。


たとえばアダム。
イラクに3回行き、3回目で壊れて戻ってきた。
見た目はどこもおかしくなくても、口の中には常に背中に背負った運んだ
戦友の頭から流れ出る血の味が残り、毎晩悪夢を見て、妻とは毎日怒鳴りあう。
自殺未遂も起こしていて、そういう兵士のためのプログラムに参加している。


その妻も、精神が不安定になっていて、
アダムが4か月も家を離れてそういうプログラムに行くとなると
経済的な問題が心配で起こり、1日に50回もメールして、「帰ってきて」と言い、
アダムが実際に帰ろうとすると、今度はアダムが自殺してしまう、と止めようとする。
やっていることが支離滅裂。
お互い、おかしくなっている。



PTSDになる理由は、罪悪感、ということらしい。
現地で自分がモンスターのようなことをした、
戦友のだれだれを助けることができなかった、
自分の代わりに別の戦友が死んだ、
そういうことが頭から離れずに、壊れていく。


行く前は優しかった夫たちが、壊れて帰ってきて、
今度は家族を壊していく。
妻を罵り、殴り、家に穴をあける。
怒りが、抑えられなくなるようだ。
そして、自殺していく。


それが繰り返されていることが怖かった。
兵士たちや妻たちの周りには、兵士だった父や祖父がいて、
ベトナム帰りだったりして、やっぱり壊れていた。
でも当時はそれがPTSDだということはわからなかったようだ。
ただ、父が自分を殴ったり、祖父が一言も口を利かなかったりしていた。
そういう例がそばにいたのに、彼らは兵士になったのだ。


自分が壊れるとわかっていたら、彼らは戦争に行かなかったろうと思う。
それとも、ほかに選択肢がなかったから行ったのかな…。
いったい彼らはこれからどうするんだろう。
どうできるんだろう。
一度壊れた精神は、元に戻るんだろうか。
帰国後3年もたってから、悪夢を見はじめ、妻を殴り始めた元兵士もいた。


自衛隊の人たちも、イラクから戻ってきてからの自殺者が28人だったか…。
彼らは何を見てしまったんだろう。
彼らは後方にいたはずだ。
実際の戦闘行為に参加したら、命を失い、四肢を失うのはもちろん、
精神も病むだろう。
外国に行ってそこの人たちを殺すことの代償を、
国の代わりに兵士一人一人が払っているように思えてならない。


当事者にしか苦しみはわからず、家族はそれに振り回され、一生これが続いていく。
「生きて戻れてよかったね」なんて言えないほどの、あまりに重い現実だった。








2017/01/24 07:55 一般その他 TB(0) CM(0)
ダーリンは70歳

ダーリンは70歳



西原理恵子『ダーリンは70歳』


美容整形界の第一人者で高須クリニック院長である、高須克弥氏・70歳。
そしてコミック界の最終兵器、西原理恵子氏・50歳。
二人合わせて120歳の熟年バカップル漫画。いくつになっても愛と人生を語り続けます!




さすが西原さん。
ガハハハハーって笑って泣かせる。
この緩急がよくて、ついついクセになっちゃうんだなあ。


高須クリニックの人と付き合ってるのはちょっと前にどこかで知ったのだけど、
マンガになってると知ったのは最近で、興味津々で読んでみた。


高須さんは、アスペルガーで、西原さんはADHDなんだって。
西原さんが、高須さんに嫌なことをされて怒って、
「理由を教えて」と言われてそれでも言わないで怒っていたら、
自分はもう70歳で時間がない、言われたことは直すから教えて、と
高須さんにいわれるシーン、なんだかジーンときてしまった。


今はこんなに仲良さそうにしてるけど、
いろいろ乗り越えてきて、この二人があるんだなあと。


あ、それで思い出したけど、高須さんにいろんな女性を紹介してくる人がいて、
どんなタイプの女性も断り、もちろん男性も断ったら、とうとうその人は、
西原さんにそっくりの19歳の女の子を連れてきたそう。
「その人を援助してあげればー。そしたらその人はあたしが苦しんだようなことでは
苦しまないだろうから」と西原さんが言ったら、
「いや、助けない。
お父さんが首つって泣いてても、
ギャンブルにはまってても、
ダンナがアル中で泣いてても
助けない。
その全部があって今のあなたがここにいるからね。
ヴィンテージカーみたいなものだよ。
キズが値打ち」と言ってて、
そこもジーンとした。


息子さんは16で単身アメリカに、
娘さんは14歳で、演劇に夢中で全然家にいつかないそうだ。
子どもと遊べるときに遊んでおけばよかったという後悔は胸にしみた。


あとは、へんな話がいっぱいだけど。
スケールがとにかくでかい。ふつうじゃない。
すごい人たち。


大変おもしろかった。


2017/01/19 21:02 一般その他 TB(0) CM(0)



原作:君影草 漫画:沖田×華 『はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児』


発達障害をもち、普通学級での学習や日常生活が困難なため、
特別支援学校への進学を希望するも、知能テストの結果が規定より高かったため、
療育手帳が取得できず進学が許可されない……!? 
そんな「はざまのコドモ」の日常とその母親の奮闘を、大人気漫画「毎日やらかしてます。
アスペルガーで、漫画家で。」の沖田×華が描いた、ノンフィクションコミックエッセイ。




重かった…。
興味本位で読んでごめんなさい、という感じだけど、
本当に、これは大変だと思う。


著者の息子さんのヨシくんは、赤ちゃんのときからずっと、夜、寝ない。
4歳の時にやっと、睡眠障害ということが判明するのだけど、
判明したって、寝るわけじゃないから…。
想像するだにつらい。


私は1人目が生まれたとき、寝れないのがつらかった。一生寝られないのかと絶望的な気持ちになった。
でもそれも、考えてみれば、数か月のこと。
それに、寝れないと思ってはいたけど、ちょっとは寝られた。
自分の都合で起きたり寝たりができないだけで、一応は寝られた。


そのまま2人目、3人目と続いて、
3人目がやっと私を朝5時台に起こさなくなったとき、やっと睡眠が戻ってきた。
それが、3歳くらいだったかな…。
もう忘れたけど、自分の都合で起きたり寝たりできないつらさはわかっている。
それが8年くらい続いたわけだけど、でも、こんなにひどくない。
だって、寝られたもの。


それがヨシくんってば、全然寝ない。
だんなさんと二人して、著者は寝られなくてヘロヘロになる。


そして、学校に入ってからも大変な生活が待っている。
ヨシくんは普通学級でついていけないのに、
知能テストをやらせてみればそれなりにとるから(それでも低いけど、障害と認めるより高い)、
療育手帳がもらえなくて、特別支援学級にいけない。


ただすごく納得いかないのは、中学に入る時のこと。
結局普通学級では受け入れてもらえず、療育手帳がなくて特別支援学級には入れないとわかる。
つまり、受けれ入れてくれる学校ない。
どうしようもなくてお母さんが窓口で泣くと、上司が出てきて「嘆願書」なるものを書いて、
支援学級というものに入れることになる…のだけど、
その手があるなら、最初から教えろよ!!!って思う。


中学までは曲がりなりにも義務教育で、国が子どもの教育を受ける権利を保障して
親には教育を受けさせる義務があるというのに、受け入れてくれる中学がない、
子どもの行き先がない、と心中しそうなほどにお母さんを追い詰める制度、って何?
小学校の校長も、態度があまりにひどすぎるし…。
悲しくなってくる。


私が住んでいる地域では、ヨシくんのところとちがって、中学は選べない。
住んでいる場所で決まる。特別支援学校に入れないなら、自分の学区の学校に行く。
だからどこに入れようかという悩みはない(はず)。
却ってそのほうがいいのかもしれないとも思った。


そんなふうに大変な中、家庭も崩壊する。
大変だからこそ、家庭が崩壊したんじゃないかと思う。
家にいても、全然くつろげなかった、とだんなさんは言う。
納得するけど、納得できない。
たぶん今だんなさんは不幸だと思う。かわいそうかもしれないけど。


ただ、最後にちょっと、中学に入ってからのヨシくんの話があって、
それは毎日楽しそうでほっとした。
電車に乗る練習をしたりしている。
この漫画のことも「おもしろい」って言ってくれてるらしい。
よかった!
よかったではすまないけれど。


ヨシくんの一生はこれからずっと続いていくわけなので、
少しでも彼みたいな子が生きやすい世の中になればいいなと思う。
(障碍者施設襲撃の人みたいに、世の中の役に立たなければ生きている価値が
ない、なんて人が増えたらおそろしい。
じゃあ身体の動かなくなったら、死ねというの…?
結局みんな自分が行く道なのに…。)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村





2016/12/20 15:20 一般その他 TB(0) CM(0)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ