男同士の愛に目覚めて20余年。夫と娘にバレてます。1年前からM/M洋書にはまってます。コメントTB、大歓迎☆
カテゴリー
ブログ内検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
大好き☆作家さんのページ
まあ、なんて下品なタイトルでしょう。
でも私が悪いんじゃありません、樹生センセイが…!

なんちゃって。
馬の、見たことありますか。
私は大学生の頃、競馬場で見たことがあります。パドックを見に行ったら、ホースのようなものをブラブラさせている馬がいて。まだ純真だった私は、「あれは何ですか」と一緒にいた先輩(男)に聞きました。「え」と絶句する先輩。先輩も純真だったようです。
すみませんでしたね。

さて、今日は、馬並みの男が出てくるお話です。
その男、発情中につき―ラベンダー書院物語』樹生かなめ
町内で三馬鹿の一人といわれていたアイツが年俸1億!? 神童の呼び声高かった英典は、今やH系出版社「ラベンダー書院」のしがない編集者。一方、馬鹿だった幼馴染の一誠は、テレビでもひっぱりだこの人気プロ野球選手になっていた。美しい英典に子供の頃から想いを寄せていた一誠は、ラベンダー書院で彼が輪姦されているというデマを信じてしまい、「調教は俺がヤる!」とバイブ片手に英典の家に押しかけてくるが…。究極の抱腹絶倒年下攻めコメディ!

樹生かなめらしいお話でした。
攻めの一誠をはじめ、「こういう言葉の通じない人を相手にしていたら疲れるだろうなあ」と思わせるような、ズレている人々のオンパレード。でもおもしろかった。ズレているといっても、「その気持ち、わかる~」というようなずれ方だからかもしれません。
例えば、合コンの次の日、英典がHな出版社に勤めていると知ったかつての大学の同級生たち(現在は、高級官僚たち)それぞれが、書店で買うのは恥ずかしいし、ネットで購入履歴が残るのもイヤだから、英典に送って欲しいと次々と電話で頼んでくる。恥ずかしそうに頼むくせに、「5万円で買えるだけ」とか、「人妻と熟女希望」ときっぱり言ったりとか。わ~か~る~。

そして、お得意のモノやコトの羅列。
例えば、ラベンダー書院(いってみれば、フラ○ス書院)での、編集者の電話口での言葉。

「はい、野菜ですか? いいですね…野菜、野菜、野菜…はい、キュウリでもニンジンでもナスでもセロリでもゴボウでも松茸でもシメジでもナメコでもズッキーニでもニガウリでも大根でも構いませんから…ちゃんと入れてください。え? ズッキーニはキュウリによく似た野菜です。はあ…え? 両方いっぺんに入れても問題ありませんよ…(以下下品になるので略)」

これでもか! と羅列するんですよね。けっこう好きです、こういうの。
今回はいつもより、受けが攻めを好きになっていく心の動きがきちんと描かれている気がいたしました。しかし…、Hが多すぎでした。プラチナ文庫ってそうなのでしょうか。ちょっと疲れました。笑いも十分いただきましたが。うん、どっちかというと、疲れた…。

馬が出てくる部分を書き忘れるところでした。引用しときます。すっごく、痛そう…。萌えんて。

一誠の股間のモノをみた英典は絶句した。
巨根なんてものではない。
馬だ。



2005/05/17 22:30 BL小説 樹生かなめ TB(0) CM(0)
樹生かなめのHPがあることを知り、見ていたら、今年冬くらいに『黄昏に花』(→感想はコチラ)の続編が出るようですね!
枯れ木に花が咲くんでしょうか?
樹生センセイのことだから、枯れ木のままの気もいたします。
でもそれでもいいや。
なぜだかいつのまにかはまっているんですが、すごく楽しみ♪

先日、アクセス解析のサーチワードを見ていたら、「インポを直す」でこのブログに来ていた人がいました。
『黄昏に花』の主人公がインポなもので、それでひっかかっちゃったんですよね。
すいませんすいませんすいません。
切実だったろうに、こんなブログにぶちあたってしまって…。
しかもお話の中でもインポ治ってないし…って書いていて思ったのですが、
漢字も違ってるじゃないですか。
もうこのままにしときます…。
2005/04/29 22:51 BL小説 樹生かなめ TB(0) CM(0)
みなさん、知っていますか。

鹿は一夫多妻なんですって。
もちろん、年寄りの鹿や戦いに負けた鹿にはメスはいないんですけどね。
奈良公園でも、オス1匹に対しメス4匹のハーレムだそうですが、東大寺とか上のほうにいるオスが勝ったオスで、そこでハーレムを築いているんだそうです。
負けた鹿は五重塔あたりにいて、そちらにはメスはいないんです…って。

ああ、なんだかとても鹿に詳しくなった気がします。BLを読んでいたハズなのに…?

法律事務所に恋が咲く』樹生かなめ
就職のために奈良から上京した健介は、極度の方向オンチ。道に迷っていた彼は、美形のエリート弁護士・小早川に助けられる。なぜか気に入られ、小早川の法律事務所で働くことになった健介は、なんと社宅代わりの豪華ホテルに住むことに! しかも「雇い主に逆らってはいけないよ…」と襲われて、さんざん喘がされるハメになり―!? 「僕は鹿に狂わされた…」って、なんで、鹿!? エリートなのに超カンチガイな美貌の天才弁護士と、平凡な純朴青年・健介の、受難と初体験いっぱいの、ハイテンション・ラブストーリー。

健介くんは、奈良出身。それで、東京の人たちから鹿の話ばかりされ、
さらには「鹿に似ている」とまで言われだす始末。
樹生かなめの描くキャラクターらしく、健介くんのボケっぷりが徹底していました。

例えば。
客先で、事務所に入るとき、靴を脱ぐ。事務所があまりにきれいだったから。
書類をシュレッダーにかけようとして、自分のネクタイをかませて死ぬ思いをする。
母親と買い物に行った帰り、タクシーを止めたかったが両手がふさがっていたので、2人して足をあげる。

よく、こんなのぽんぽん思いつくなあ、と思います。
シュレッダーのところなんて、出てきたあたりで、「絶対かませるな」と想像できたのに、笑っちゃいました。樹生かなめの変に勢いのある文章が笑わせる要素なんでしょうか。

やってる最中の攻めの「僕は鹿に狂わされた」という言葉には、大笑いさせてもらいました。
背後から抱きしめながら、熱に浮かされたように言うんだというんですから…。「鹿」に…ね。
萌えーーーん!!

『ありのままの君が好き』『黄昏に花』ともイロモノだったためHシーンが萌えないのかと思ったのですが、そうではないようですね。Hシーンだろうがなんだろうが、あくまでも笑いをとろうというスタンスで書いているんじゃないでしょうか。

残念なのは、体を重ねるまでがあっという間で、2人の間に「あの人でなきゃダメ」という必然性があまり感じられないこと。
「男同士で」とか「あの人とじゃつりあわないんじゃ」とかもうちょっと、ふつうの人らしく悩んでくれるとよかったなあ、と思いました。

まあいい。
今回も、たくさんの笑いを、ありがとう。
2005/04/20 22:15 BL小説 樹生かなめ TB(0) CM(0)
人気記事ランキング
プロフィール

ふうう

  • Author:ふうう
  • アラフォー主腐。ときどきバイト。日本の右傾化と、やつらの出現(だんだん暖かくなってきたから…)を恐れる日々。
    1年ほど前からM/M洋書を読み始め、今はKindle本とAudibleを併用して楽しんでいます。英語の勉強におすすめです。



    好きな人々
    コミック:日高ショーコ、秀良子、緒川千世、依田沙江美、今市子、萩尾望都、紺野キタ
    小説:木原音瀬、凪良ゆう、佐田三季、高村薫


    ☆特に木原さん大好きです☆
    ☆凪良さんは、白なぎさんより黒なぎさんのほうが好き。でも必ず作家買い☆
    ☆痛い系、執着系のお話が好き☆


    ■twitterやってます(が、あんまりつぶやいてない…)
    http://twitter.com/huuu001


    ぽちっとしてもらえると元気がでます☆
    にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
ブログランキング 漫画
Renta! オススメ
山田くんと田中課長

山田くんと田中課長

手乗りサイズになった課長と、クールな部下、山田のお話♡



愛が待ってる

愛が待ってる

阿部さんのマンガで一番好き。遊び人同士が本気になる。



リンクス

リンクス

上質な映画を見たような読後感。かなりお気に入り。



STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

STAYGOLD 1

[著]秀良子

さすが秀さんだけあって、すごくいい。物語は始まったばかり。





ブログ内検索
ブログパーツ